Talk

Talk

語る

イラストレーター・鈴木英人が語る山下達郎の名盤『FOR YOU』制作秘話

数々の名曲は、アートワークとともに記憶されているはず。ジャケットを眺めることで、山下達郎のキャリアを振り返ろう。さらに、名作ジャケットたちを手がけたクリエイターたちにも、制作秘話や音楽への印象を語ってもらった。

text: Hitoshi Kurimoto

西海岸の電器屋さんがパッとひらめいた。

急に「レコードのジャケットをお願いしたい」って連絡が来ました。すでにテレビのCMにも出演していたのに、僕はそれが達郎さんだっていうことを認識していなかったんです。

その後、実際に本人と打ち合わせして「あ、テレビの人だ」ってつながりました(笑)。ただ打ち合わせといっても「『FOR YOU』というレコードで好きに描いてください」っていうだけ。それでパッとひらめいたレコードも扱っている西海岸の電器屋さんを描いて、店の横に彼を立たせたんです。

本人はあまり出たがらないって後で聞いたのですが、描いちゃったから時すでに遅し(笑)。『FOR YOU』をきっかけにすごくたくさん音楽の仕事をするようになったので、間違いなく自分の代表作です。

わりと西海岸っぽいイラストが続いたから「スプリンクラー」のシングルはニューヨークのホテルをモチーフにしました。「街物語」の時には「人形町界隈の風景を描いてほしい」というオーダーがありましたが、基本的にはどういうイラストを描くのかはお任せでしたね。

コンサートに呼んでいただき打ち上げでご一緒したこともあります。お酒が入って気分がいいから、しゃべった内容はまったく覚えていませんが(笑)。

携わった主な作品