Feel

2023年下半期 獅子座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が人気の占星術師・七嶋ナオさんが2023年下半期の運勢を占います。獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

下半期全体の獅子座

大きく育てよ

2023年下半期は、獅子座エリアに長期間金星が運行することにより、「魅了する力」が上がります。特に6月から7月初旬にかけては火星も加勢するのでアグレッシブなパワーが満ち、注目度が上がります。金星+火星によって「モテ期」になりそうです。

木星(成長拡大)は天の高い位置にあり、仕事運を大きく育てていきます。今現在の幸運も膨らんでいますが、今年植えた苗木が木星が再び巡ってくる12年後には大きく成長しているように、仕事に励みましょう。

太陽シーズンごとの獅子座

◆6月21日〜7月22日(太陽蟹座エリア運行期間)

「自分の本心を見つめる」ことがテーマ。また、火星が7月9日頃まで、金星が10月8日頃まで獅子座エリアを運行するので、意欲が湧き、棚ぼたラッキーにも恵まれやすいかもしれません。7月22日には太陽と冥王星が対向位置になります。

この配置のもとでは、コンプレックスを刺激されることが起きるかもしれません。過剰に反応せず、健全な範囲の自尊心を保つようにしましょう。また、「やりがい搾取」をされないように気をつけること。

◆7月23日〜8月22日(太陽獅子座エリア運行期間)

この期間は主役の1カ月です。運気に味方されて活力が出るタイミング。8月前半から中旬、太陽は牡牛座エリアを運行する木星・天王星と刺激し合う位置に入り、ブレイクスルーが起きそうです。

8月20日頃、牡牛座エリアの天王星と、乙女座エリアの水星(知性・コミュニケーション)と火星(情熱・意欲)、山羊座エリアの冥王星(運命・極端さ)の4天体が調和的に繋がり、「地のグランドトライン」を描き出します。

この影響を受け、仕事において、過去の事例を参考にして問題解決することがあるかもしれません。ジグソーパズルを完成させていくようなワクワクを感じそうです。情熱を具体的に形にしていけるときです。

◆8月23日〜9月22日(太陽乙女座エリア運行期間)

丁寧に仕事を片づけることで運気が安定しそう。ただ、金星(楽観)が木星(増長)と激しくぶつかり合うと、サービス精神が過剰になり、余計な仕事をわざわざ自分で増やしてしまうかも。

9月4日には木星が逆行を始め、「仕事の振り返り」に良いタイミングとなります。過去に仕事でお世話になった人から、また案件がくるかもしれません。

9月15日の乙女座エリアでの新月は、天王星牡牛座との調和的に繋がります。「新しい鉱脈」を開拓し、経済的に豊かになる展開が期待できそうです。

◆9月23日〜10月23日(太陽が天秤座エリアを運行する期間)

コミュニケーション強化月間にすると良いでしょう。いろいろな人と対話でき、また自分が他の人同士の対話も聞けるような場で社交するイメージです。他者を知ることで自分のことが明確になる楽しさ。

10月7日は火星と冥王星が厳しい角度で繋がり、その影響で、誰かの助っ人として駆り出されるかもしれません。そこで一肌脱ぐことで周囲からの評価が上がりそうです。

◆10月24日~11月21日(太陽蠍エリア座運行期間)

10月24日に太陽が蠍座エリアを運行し始めると、「家・家族」「チーム・仲間」など居場所についての話題が増えそう。太陽は、先行して蠍座エリアにいる火星と水星に合流し、11月10日頃まで蠍座エリアには3天体がいることとなります。

この時期はプライベートを大切にすること。身近な人に相談を持ち掛けられたら、解決方法を提案するよりも、まずは共感の姿勢を示しましょう。共感すること=愛情表現、と思っていましょう。

◆11月22日〜12月21日(太陽射手座エリア運行期間)

太陽は「創造性とレクリエーションの部屋」であり、喜びや楽しい遊びを表す場所を運行します。イベント参加など、心が浮き立つことの予感。自己表現も楽しくできそうです。

けれど、そこに土星が関わってくるため、楽しみは制限や条件付きとなるかもしれません。やるべきことをこなして臨むことで、満喫できるでしょう。

マウンテンライツの新エリア

この夏、ニセコHANAZONOリゾートで出会う一期一会の“光”景「マウンテンライツ」

訪れる / PR

2023年上半期 獅子座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】