Feel

2023年下半期 水瓶座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が人気の占星術師・七嶋ナオさんが2023年下半期の運勢を占います。水瓶座(1/20~2/18生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

下半期全体の水瓶座

押してダメなら引いてみな

独自のユーモアを持つ水瓶座は、人とは違う思考の働かせ方をします。ときに、頭でっかちになってしまうことも。しかし、この下半期は、「心と身体を置き去りにしない」が大きなテーマです。何か問題が起こったときは、そこで発生する素直な感情を見つめましょう。

水瓶座の対向にある獅子座に天体が運行する期間は、自己と他者の間に生じるものを、思考だけではなく感情や身体的な部分を用いて捉えるようにしましょう。しっかり感じ、味わっていくことです。

太陽シーズンごとの水瓶座

◆6月21日〜7月22日(太陽蟹座エリア運行期間)

「日々の仕事・サービスの部屋」、自他ともにケアをすることや奉仕することを意味する位置に太陽がやって来ます。このシーズンは、蟹座らしい情緒的なエネルギーに満ちています。普段、感情の発露に対して否定的な水瓶座は、予期せぬ心の揺れを経験して戸惑うかもしれません。

火星と金星が獅子座にいるので、少しお節介になりそうです。身近な人が困っていないかなどがいつもより気になるでしょう。そうした気持ちが湧き上がってくることは人間として自然です。ポジティブに捉え、他人への関心を推進力に転換しましょう。

◆7月23日〜8月22日(太陽獅子座エリア運行期間)

水瓶座の対向に太陽がやって来ます。この場所は(自己に対向する)他者の現れる場であり、結婚や契約という意味もあります。「パートナーシップを結ぶ」「公式な契約を交わす」という意味を持つ場所でもあります。真正面にいる存在から目を逸らせない、緊張感があります。

また、この時期には水瓶座と同じ固定宮の獅子座、牡牛座にも天体が入っています(太陽が獅子座、木星・天王星が牡牛座にいる)。そのため、八方塞がりに陥った気持ちになるかもしれません。しかしその状態から脱したいという強い願いをパワーにすることで、新しい扉が開かれていきます。

◆8月23日〜9月22日(太陽乙女座エリア運行期間)

「受容による変化の1カ月」となります。この太陽の正面に土星(責任・節度)がいるので、目上の人や先輩から何かを継承することや譲ってもらうことがありそうです。承継には責任や少しの不自由も伴いますが、それを含めて受け入れることで、大きな恵みが得られるでしょう。

9月5日、太陽が水星と重なり、木星とも調和的な角度を取るため、継承したものの恩恵をより理解できそうです。9月4日には木星が逆行を始め、過去を振り返り、「自分が生きる場所」がどこにあるのかを探る時期が訪れます。家族や仲間、仕事など、生活を支える全てに感謝することが大切です。

◆9月23日〜10月23日(太陽天秤座エリア運行期間)

「ここではないどこかに向かう」がテーマになります。10月5日は、同じ「風(大気)のエレメント」である天秤座に水星が入り、太陽・火星・水星の3天体が天秤座エリアを運行することになります。風のエレメントは知性を愛し、幅広く見聞を広めることを好みます。

そして実際の旅行だけでなく、映画や読書によって訪れる「ここではないどこか」の体験も糧としていけます。この時期は哲学的な話で盛り上がれそうな予感もします。知的な人たちとの友好関係が広がりそうです。

◆10月24日~11月21日(太陽蠍座エリア運行期間)

10月24日に太陽が蠍座エリアを運行し始めると、仕事が忙しくなりそうです。水瓶座にとって蠍座エリアは天の高い位置であり、とても人目につく場所なのです。なので、人を集めたり、注目してほしいものがある人は、この期間を有効活用すると良いでしょう。

蠍座エリアには、太陽に先行して火星と水星も運行しており、仕事場での影響力が強くなります。また、太陽・火星・水星には、魚座エリアを運行する土星が調和的に繋がっています。働きがきちんと評価され、財産も増えそうです。

金星はこの時期、乙女座を運行中で、木星と調和的な繋がりを持っています。親や親類、目上の人、ご先祖様などの存在に守られるタイミング。困ったことがあれば上司などに素直に相談すると良いでしょう。

蠍座エリアの真正面では木星と天王星が太陽を待ち構えています。11月に入り、太陽が移動すると、仕事とプライベートのバランスについて、ひと悶着あるかも。プライオリティを明確に整理していくこと。

◆11月22日〜12月21日(太陽射手座エリア運行期間)

友人との交流が盛んになりそうです。しかし、太陽には魚座エリアを運行する土星がぶつかり、さらに水星射手座が土星と、火星射手座が海王星魚座と厳しい角度でぶつかり合います。

その影響で、仲間がやりたいプランと自分の予定や予算がマッチしにくいかもしれません。無理せずに、参加しやすいものを楽しみましょう。

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

着る / PR

2023年上半期 水瓶座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】