Feel

Feel

感じる

2023年上半期 蠍座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が人気の占星術師・七嶋ナオさんが2023年上半期の運勢を占います。蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

ここではないどこかへ

木星は蠍座にとって「他者に適応すること」や「肉体的な癒やし」を意味する場所を5月16日まで運行します。木星は成長や拡大をもたらす惑星です。他者に対しても自分に対してもケアをすると良いタイミングになります。「適応力」がUPするときです。受け身でいるよりも、積極的に関与する方が良いでしょう。

1月は「初学者的な学び」と「身近な人とのコミュニケーション」を意味する場所に太陽、水星、冥王星が運行します。小さい頃に親しんだ遊びをもう一度やってみることや、昔馴染みの店に行くことなども吉です。

2月は太陽と天王星のぶつかり合いによって、家族やパートナー、契約相手との間で緊張感のあるやり取りが発生しやすいので念のため注意をしておきましょう。

3月7日には試練の星・土星が水瓶座から魚座エリアを運行し始めます。2020年末から「土星の試練」は水瓶座で蠍座とぶつかっていましたが、この移動によって痛みから解放され、ほっとできるタイミングが訪れます。“家族”や“地元”からの解放かもしれません。

土星魚座の期間では、どのような振る舞いが自分らしさであり、納得できるものなのかと、「自分との闘い」が始まる予感。また、3月25日には火星が蟹座に移動することで「もっと高いレベルのものを学びたい」と思うかもしれません。そこに、3月24日に冥王星が水瓶座エリアに移動している影響も重なり、海外移住について前向きに検討することもありえそうです。今いる場所から遠い場所へ急な引っ越しなどもあるかも。

金星は半年の間で山羊座エリアから獅子座エリアまでを運行します。4月には「継承運(ギフト運)」が、5月には「学習能力(意欲)」がアップします。

5月17日に木星が牡牛座エリアに移動すると、パートナーや結婚運が上がってきます。来年2024年の5月までこの木星パワーは続きます。積極的に活かしていきましょう。世間や社会と自分個人の望みが合致することで良い契約ができるチャンスです。また、5月後半に、木星は運命を大きく揺るがす冥王星と激しくぶつかり合います。蠍座にとっては「居場所とパートナー」のことで大きな影響があるかもしれません(運命の人に出会って、その人の故郷で一緒に暮らすことになったり、ジョブチェンジしたり)。

CROSSTREKとカヌーの準備をする増井さん

SUBARU〈CROSSTREK〉が導く、自然に身を浸すデイ・トリップ

運転する / PR