Feel

Feel

感じる

2023年上半期 魚座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が人気の占星術師・七嶋ナオさんが2023年上半期の運勢を占います。魚座(2/19~3/20生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

ピクニックでランチを

木星は魚座にとって「天与の財産」や「自己リソース」などを意味する場所を5月16日まで運行します。木星は成長や拡大をもたらす惑星です。魚座にとってこの期間は「財産」を増やすことに運があります。この「財産」とはお金のことでもあり、自分の内側にある才能のことでもあります。魚座はお金に関して、あればあったで、なかったらなかったで、と淡白な傾向がありますが、このシーズンは「自分が思う存分扱える財産が増える」ことをイメージしてみましょう。

1月は「人脈運」「抜擢運」を意味する場所に太陽、水星、冥王星が運行し、周囲のサポートを受けつつ、仕事運が上がるでしょう。また、双子座エリアの火星が順行になり、自分の居場所や所属についてポジティブな意味を見つけることができそうです。家族との和解もできそう。牡牛座エリアの天王星も順行となり、ラップバトルのように、激しいやりとりを交わしながらもコミュニケーションを楽しむということができそうです。

2月19日から3月20日にかけては、太陽魚座シーズンで、主役の1カ月です。双子座エリアにいる火星と太陽がコンタクトを取りますが、火星は順行に戻っているので、その力を勇気として活用できそう。もし、引っ越しを考えているのであれば住みたい街の散策、転職を考えているならば、カジュアル面談なども良いでしょう。

3月7日には試練の星、土星が魚座エリアを運行し始めます。「大人の階段」を昇るためには、土星を味方にするのが一番重要です。責任や社会性について学ぶための出来事がやってくるタームが始まるのです。

また、3月25日からは火星が蟹座に移動する影響で、「自分の心に忠実に生きたい」「もっとクリエイティブなことをやりたい」という気持ちが湧き、意識が外の世界に向いていきそうです。チャレンジをすることによって、今の自分を見極めていけます。それによって、他者に差し出せる自分も明確になります。転属や転職などもこの配置によって良い方向に拓いていきそうです(ポートフォリオを作っておくと良いでしょう)。

金星は半年の間で、山羊座エリアから獅子座エリアまでを運行します。特に1月27日から2月19日までは魚座エリアを運行し、いつも以上にパワーを増し、嬉しい気持ちや明るい気持ちをもたらしてくれます。魅力が輝くタイミングでもあるので、面接でも恋愛でも、「落としたい」相手がいるならば、この金星パワーを借りるのもありです。

3月24日から冥王星が水瓶座エリアを運行する影響は、間接的な形で表れるかもしれません。はっきりと目に見えてこないけれど、確実に生活がじわりと変わっていくことかも。会社の体制や、社会の構造そのものの変化かもしれません。

5月17日に木星が牡牛座エリアに移動すると、友人知人が増える気配。新しい仲間とのコミュニケーションが活発になりそう。リラックスモードでの楽しいお喋り、カフェやピクニックで五感を喜ばせるのも良いでしょう。

VUILD代表 秋吉浩気

建築家/起業家・秋吉浩気が、それでもニュースを購読する理由

読む / PR