Feel

Feel

感じる

2023年上半期 天秤座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が人気の占星術師・七嶋ナオさんが2023年上半期の運勢を占います。天秤座(9/23~10/23生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

何度も脱皮する

木星は牡羊座エリアを5月16日まで運行します。牡羊座エリアは天秤座にとって真正面にあり、自己の正面にいる「他者」「パートナー」や「結婚」「社交」を意味する場所になります。木星は成長や拡大をもたらす惑星です。このタームで浮上するテーマは、結婚や契約や、ライバルとの闘いかもしれません。相手をよく知ることで、自分自身を学ぶ時期になります。たくさんの人とお見合いをするようなイメージ。出会い運が大きく広がるチャンスもあります。

1月は自分の居場所や地元、家庭などを意味する場所に太陽、水星、冥王星が運行します。ゆっくりと英気を養うような時間を、自宅や自分がホームグラウンドと思える場所で過ごすと良いでしょう。また、双子座エリアの火星が順行になることで、自分が学んできたことが役に立つ場面も訪れそうです。牡牛座エリアの天王星も順行となるので、驚くようなプレゼントをもらうかもしれません。

2月19日から3月20日にかけての太陽魚座シーズンは自己ケアに注力すると良いでしょう。3月7日には試練の星・土星が魚座エリアを運行し始めます。その他の配置も相まって、身体の不調が出やすくなるかもしれません。健康診断などを受けるのもおすすめです。

金星は半年の間で、山羊座エリアから獅子座エリアまでを運行します。特に1月は「JOYの部屋」を金星が運行することから、恋愛や遊びなど、心躍る出来事の運気が上がります。

中庸さやバランス感覚の良さを誇る天秤座ですが、3月24日からは冥王星が水瓶座エリアに運行する影響で、「自分らしさ」についてこだわりが出てくるかもしれません。パーフェクトでありたい願望も強くなりそう。自分の限界に挑んで、何度も殻を打ち破ること。
また、3月25日には火星が蟹座に移動することで、仕事が忙しくなってくるかも。相手の期待以上のものを提示しないといけないプレッシャー。むちゃぶりにどう応じるか、バトルの予感。

5月17日に木星が牡牛座エリアに移動すると、先輩がやっていた仕事を引き継いだり、役職を継承したりするかもしれません。大きな役割を与えられるチャンス。経験値を積むのに必要なことです。

Honda〈ZR-V e:HEV〉の前に立つ若木信吾

若木信吾×Honda〈ZR-V e:HEV〉自分を解き放つ3つの方法

運転する / PR