Feel

Feel

感じる

2023年上半期 蟹座の運勢【七嶋ナオの12星座別ブルータス占い】

毎週更新「ブルータス週間占い」が人気の占星術師・七嶋ナオさんが2023年上半期の運勢を占います。蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

自分に期待する

木星は蟹座にとって「社会参画」や「キャリアアップ」「天職」を意味する場所を5月16日まで運行します。木星は成長や拡大をもたらす惑星です。「やりたい仕事」を育む追い風として利用することを意識していきましょう。自分の仕事を広く知ってもらうのにも良い時期です。

1月は「パートナーシップ」を意味する場所を太陽、水星、冥王星が運行し、結婚運(契約運)が上がります。また、双子座エリアの火星と、牡牛座エリアの天王星が順行となり、「秘密の作戦」が上手くできそうな雰囲気です。縁の下の力持ちとして活躍できそう。

2月から3月にかけての太陽魚座シーズンは、ロマンチックな気持ちが高まり、憧れを追いかけて、専門的な学びを始める人もいるかもしれません。夢を形にしたい欲求。3月7日には試練の星・土星が魚座エリアを運行し始めます。その他の配置も相まって、困難や脅威に直面したときに、それにうまく適応できる能力を育むこともできそう。伸びしろを信じていきましょう。

3月24日に冥王星が水瓶座エリアに移動する影響で、深く縁のある場所や人たちとの距離感が変わる可能性があります。冥王星が司るのは「破壊と再生」です。たとえば、古い家を壊して、新しい家を建てることになったり、遺産相続について真剣な席が設けられたりするかもしれません。

また、3月25日に火星が蟹座に移動することで、自分にエネルギーを向けやすくなります。筋トレやランニングもおすすめです。火星は意欲や勇気をもたらしますが、焦りも生みやすくなるので、勇み足にならないように、深呼吸やリラックスを心掛けましょう。

金星が半年の間に、山羊座エリアから獅子座エリアまでを運行します。特に3月には人脈運が、5月には魅力度がアップします。

5月17日に木星が牡牛座エリアに移動すると、人脈開拓や、仲間と描く未来予想図についてテーマが浮上してきそうです。今までにやったことのない企画にチャレンジしたり、異業種交流会に積極的に参加するととても良いでしょう。

編集者・竹村俊助

編集者・竹村俊助が、それでもニュースを購読する理由

読む / PR