Eat

アーティスト・長谷川愛に質問。お金を何に使いますか?

ふと天から降ってきたお金。自由に使っていい、と言われたらどうする?8人の方々に、金額別に使い道を聞いてみました。他愛のない遊びですが、その人の価値観の本質が見えてくるような気も。あなたなら何に使いますか?

Illustration: Kenji Asazuma / Text: Yuriko Kobayashi, Junya Hirokawa, Chihiro Kurimoto, Moteslim, Izumi Karashima

1,000円あったら

美しいスイーツを食べる。

普段仕事をしている渋谷スクランブルスクエアには好きなケーキ屋さんがいくつか入っています。美しいケーキは花と一緒で、手頃な値段で触れられる、身近なアートですよね。

美しいケーキ イメージイラスト

1万円あったら

友達とお酒を飲む。

日本酒でもワインでもいいのですが、普段飲めないような、ちょっといいお酒を買って、シェアハウスのみんなと宅飲みしたいですね。
今住んでいるところには好きなことをやりながら暮らしている人が多くて、個人的にも刺激を受けています。気軽にいろいろな人と飲んだり、遊んだりできるのがシェアハウスの面白いところです。

100万円あったら

女性の教育を支援。

女性の教育を支援している団体にドネーションします。知人に聞いたり、Webできちんと調べて、何にどれくらい寄付金を使ったのか明細を公開している団体を選びます。

女性の教育 イメージイラスト

1,000万円あったら

さまざまな団体へ寄付。

女性団体に加えて、人種差別や貧困の撤廃などに取り組んでいるNPOや財団に寄付したいですね。未来は若者が担っていくものなので、中でも特に子供系の団体を支援できれば。
けっこうまとまったお金なので、いくつかに分散してポートフォリオを組みたいところ。どこに、どれくらいの配分で投資するか考えるのも一興です。

無限にあったら…

労働による搾取から人間を解放。

合理化と分業化、今後のAI普及の中で、充足感のある仕事に就ける人は少なく、多くの人にとって働くことは我慢することになっている。働きたい人はどんどん働けばいいのですが、そうではない人は無理して働かなくてもいい。そのためにベーシックインカムを導入したいですね。そうすれば労働による搾取はなくせると思うんです。