Live

Live

暮らす

名古屋・栄〈petrichor〉ガラスの花器に花が浮かぶ、ミニマムな空間。花屋さんガイド2021

大切な人に花束を贈る。せっかくだから普段と違うお店を選びたい。最近オープンした個性的なお店や、センスのいいフローリストに直接頼んでみるのも手。今回も、評判高い全24軒に、¥5,000のブーケサンプルを花データ付きで作製してもらった。花束をもらう人は、花の飾り方解説も参考に。

Photo: Kunihiro Fukumori / Text: Yuka Uchida, Chisa Nishinoiri, Emi Fukushima, Mako Yamato, Keiichiro Miyata, Yoko Fujimori

ガラスの花器に花が浮かぶ、ミニマムな空間。

「作りたかったのは旬の香りと質感、植物の熱量を大切にした、オートクチュールのフラワーショップ」と店主の福島由桂さん。3代続く生花店に生まれ、ドイツのフラワーデザインを学び経験を重ね、2020年5月に独立。

水分量と温度管理により、香りのポテンシャルを最大限に引き出した植物で作る花束は、驚くほど印象的に五感を刺激する。花束自体が自立する束ね方も大きな特徴。「スパイラルに組んだ植物は機能的で、さらに生長します」。花束になってもなお、香り伸びゆく姿はまさに“育つブーケ”。

名古屋・栄〈petrichor〉のブーケ