Feel

6月10日〜6月16日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23〜8/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

獅子座の星模様

まずは自分に集中

獅子座は、自分の進む道や進み方について揺らがぬ意志を持とうとするサイン(星座)です。しかし、それはときに頑固さにも繋がります。今週はそうした獅子座らしい頑なな部分を見直すことがテーマになりそうです。

牡牛座エリアの火星(意欲・闘争心)と水瓶座エリアを逆行中の冥王星(運命)がぶつかり合います。熱意を持って取り組んでいる仕事について、近しい人から意見されるかもしれません。その言葉に苛立ってしまうでしょうが、冷静になれば、自分の感覚や価値観が凝り固まっていたのだと気づくでしょう。

自らを振り返り、締めこんでいたネジを緩めるきっかけが生まれそうです。仕事への取り組み方も見直していくタイミングです。

一方、「友情」を意味する場所に、太陽と水星(思考・情報)、金星(愛と幸運)の3天体が重なり合いながら運行しています。宴が開かれ、楽しそうな話し声が聞こえてくるような配置です。

しかし、3天体に土星が緊張をもたらす角度でぶつかっているため、獅子座はそのパーティーに参加できません。少し遠くからその楽しげな様子を眺めているイメージが浮かんできます。しなくてはならないことに縛られているのかもしれません。

自分以外の人が皆うまくいっているように思ってしまいやすい時期ですが、それでも自分のなすべきことに集中していきましょう。

今週の全体の空模様

柔らかな感受性と、闘う力

「日常の瑣事にいのちあれ/生活のくまぐまに緻密なる光彩あれ/われらのすべてに溢れこぼるるものあれ/われらつねにみちよ」
───高村光太郎「晩餐」

星々のエネルギーによって世界が撹拌されていきます。

今週は、双子座後半エリアを太陽・水星(知性)・金星(愛と美)が重なりながら運行します。この3天体に、週前半は土星(節度・責任)が、週後半は海王星(スピリチュアリティ)がぶつかります。

土星は魚座エリアを運行し、“信じる・信じない”の判断を深く学ぶ機会を与えてくれるでしょう。表面に出ている情報をそのまま信じずに、自ら検証していく姿勢が求められます。

海王星も魚座エリアを運行し、「夢やスピリチュアリティ」を世の中に浸透させます。それがポジティブに作用すれば、固定観念に囚われないインスピレーションを得やすい1週間になるでしょう。

知覚の“アンテナ”は双子座エリアにいる3天体によって補強され、海王星のスピリチュアリティに刺激されるため、世界のありとあらゆるものと感応し、共鳴します。今週はさらに、感じたことを言葉にして多くの人に伝える力も高まるでしょう。

海王星魚座がネガティブに働くと、嘘や幻で人心が惑わされるでしょう。テレビや新聞、インターネットなどに間違った情報が増えます。さらに、現実逃避のためのコンテンツが大量に出回るでしょう。絶対に信じられる情報というものを想定せず、物事を懐疑性をもって多面的に見つめることが大切です。

先週に引き続き、牡牛座エリアを運行する火星(意欲・闘争心)が、水瓶座エリアを逆行中の冥王星(破壊と再生)とぶつかり合っています。火星の象意には、戦い、熱、傷、トラブルなども含まれます。そのため、この2天体の繋がりから浮かんでくるイメージは、平和とは言い難いかもしれません。

しかし、火星のエネルギーは人々の義憤として発露する可能性もあります。心の火力を上げ、大きな声で叫び、銅鑼や太鼓を叩いて行進する。そうやって思いを表明するために、火星が活用されることもあるでしょう。世界を劇的に変える力が湧き上がってくるときでもあります。

6月3日〜6月9日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

【碧Ao meets JAZZ】サックス奏者・馬場智章が語る、ウイスキーとジャズの共鳴

【碧Ao meets JAZZ】サックス奏者・馬場智章が語る、ウイスキーとジャズの共鳴

飲む / PR