Feel

5月6日〜5月12日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の射手座(11/23〜12/21生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

射手座の星模様

循環的な愛

水星(コミュニケーション)は牡羊座エリアを運行しています。6日に月と水星が重なります。フットワーク軽く動けて、爽快な気持ちになれそう。7日、牡牛座を運行している金星(愛と喜び)に月が重なるときは、ストレッチをしておいしいものをたっぷり食べ、身体を健やかな状態に導きましょう。

8日の新月は射手座にとって、「日々の仕事・サービスの部屋」であり、自他ともにケアすることや奉仕を意味する場所で起こります。他者に合わせながら実務をこなすという意味合いも持つ場所です。

新月には魚座エリアを運行する土星(節度・社会性)が繋がっているため、自分がケアする相手、自分のケアをしてくれる人と心を通わせることが求められるかもしれません。人と真剣に関わることが大切になります。

この牡牛座新月から牡牛座満月までの半年間のタームでは、生き抜くためのたくましさを獲得することが課題になるでしょう。また、「情けは人の為ならず」という言葉が示すように、優しさや親切心といった“エネルギー”が循環していくのを実感できそうです。アファメーションのテーマは「みんなで一緒に栄える」にすると良いでしょう。

また、牡羊座エリアを運行する火星(苛烈さ・闘志)と、水瓶座エリアを逆行する冥王星(運命・極端さ)がリンクしていることから、自分の言動が、考えていたよりも強い影響を周囲に及ぼしてしまいそうです。言葉や態度を穏やかにすることを意識しましょう。

今週の全体の空模様

隆起する大地

今週8日に、“神からのインスピレーション”を受けるという意味を持つ場所で牡牛座新月が起こります。この新月は、「根源的な欲求」「誤魔化しようのない意志」につながるエッセンスを持っています。それは、海底が隆起して新大陸が生まれるような、誰にも止めることができない強大な自然の力と似ています。

牡牛座では新月に天王星(改革)、木星(成長・拡大)、金星(愛と喜び)が並び、大地がもたらす恵みに改めて意識が向けられるでしょう。シンプルに“生き物”として生きることの喜びが再認識されます。

さらに、土星が新月に調和的な角度で繋がっています。この繋がりにより、「信頼できるものは何か?」と深く考えさせられそうです。

また、牡羊座エリアを運行する火星(意欲・闘争心)と水瓶座エリアを逆行する冥王星(破壊と再生)がリンクすることで、理不尽で暴力的な渦が巻き起こるかもしれません。牡牛座の象意である資産や財産といったものが損なわれるようなイメージも浮かびます。それに対し、多くの人が憤りを覚えるでしょう。

しかし、その怒りの炎こそが、未来を切り開く力にもなっていくでしょう。各人が自らの身体の奥底から湧き上がる“欲求”の声に耳を傾けることが大事です。

牡牛座新月から半年後の牡牛座満月までは、新しい社会の仕組みがボトムアップ型で作られる兆しが出てきます。より人間らしく生きられる“理想の新時代”が強く求められる期間となりそうです。

新月は物事をスタートする良いタイミングです。そして、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。

宣誓を5〜10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の牡牛座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。各星座ごとにテーマが変わりますが、「本音を指針に前進する」という目標は共通します。

4月29日〜5月5日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

建築家・クマタイチ

建築家・クマタイチが体感。居住空間を豊かにする〈東芝〉の「おいしい」とデザイン

暮らす / PR