Feel

4月8日〜4月14日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の射手座(11/23〜12/21生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

射手座の星模様

旅は道連れ

今週の新月は、射手座にとって「創造性とレクリエーションの部屋」であり、喜びや楽しい遊びを表す場所で起こります。また、この場所は、自分が他の誰でもない「自分」という存在であることを喜ぶといった意味も持っています。

射手座にとっての喜びは、自分一人でどこまでも遠くへ行く、何も気にせずに進むというような、自由と冒険の物語を進めていくことです。

しかし、牡羊座新月から半年後の牡羊座満月までの期間に、普段とは違う喜びを知るかもしれません。たとえるならば、自由に冒険する単独勇者が森で怪我人を拾ってしまい、期せずして二人旅の良さを発見するといったイメージです。

また、自分が自由でい続け創造性を発揮することで、他者を解放しエンパワーメントすることができるでしょう。アートやスポーツを通して慈善事業に関わることもイメージできます。アファメーションは「楽しいことや嬉しいことを他者にも広げること」をテーマにしましょう。

また、今週は牡羊座エリアで、太陽と逆行中の水星(思考・コミュニケーション)が重なります。

“昔取った杵柄”を活かせるようなことがありそうです。

魚座エリアを運行する火星(アクシデント)と土星(試練・節度)の2天体が重なると、先週に引き続き、「家庭内のトラブル」の気配がします。住まいそのものや設備の不具合かもしれません。念のため、怪我にも注意をしましょう。

今週の全体の空模様

どんな苗を植えるのか

9日の未明に牡羊座エリアで新月が起きます。この新月は、地道な研鑽によって得た強靭な自立性(命を燃やし生きる力)を、他者を助けるために用いるという課題をもたらします。

畑を耕し、柔らかくなった土に苗を植えるイメージが浮かんできます。その苗はやがて大きな実をつけ、自分も人も豊かさを受け取ることができるでしょう(苗は「可能性」を意味してもいます)。

自分の才能やスキルなど、手元にある可能性(苗)を人のために活かしていけるかどうかが問われるのかもしれません。利他的な行いによって、自己肯定感も育っていきます。

しかし、いざ挑戦してみても簡単にはいかないかもしれません。この新月は日蝕を伴っており、小惑星カイロンも重なります。カイロンは、魂の治癒や困難克服のためにまず痛みを直視するよう促してきます。そのため、苗を植えようとしているところに突然嵐がやってくるように、イレギュラーな試練が訪れるかもしれないのです。

嵐がもたらすものが被害だけにならないように「せっかく転んだのだから、何か掴んで立ち上がろう」という気概や工夫が必要になるのかもしれません。

さらに、新月のタイミングで、魚座エリアを運行する火星(闘志・意欲)と土星(試練・節度)の2天体が重なります。そのため、全体にシリアスな雰囲気が強まります。

それでも、鍵は利他性。「私だけが助かればいいのではない。繋がる全ての人が助からなければ意味がないんだ」と気合いを入れて進まなければならない場面があるかもしれません。

また、新月には、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。

各星座ごとにテーマが変わりますが、「どんなことも養分にし、可能性・長所(苗)を育てていく」ということは共通します。宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の魚座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

4月1日〜4月7日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

「GINZA SIX」にアウトドア&スポーツが充実。カラダが目覚める初夏のドレスコードは“アクティブ”

「GINZA SIX」はアウトドア&スポーツが充実。カラダが目覚める初夏のドレスコードは“アクティブ”

訪れる / PR