Feel

3月25日〜3月31日 乙女座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の乙女座(8/23〜9/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

乙女座の星模様

受け取る価値がある

今回の天秤座新月ー天秤座満月は、「所有・財源の部屋」であり、“価値”を意味する場所で起きています。この半年間は、シビアな現実を目の当たりにしても希望を見失わずにいることが課題でした。

自分の身の丈に合った“手助け”として寄付や寄贈をした人も多いはずです。困っている人のためにできることに限界はありますが、自分の持っているものを人と分かち合うことが、世界を変える一歩になるのだと感じられたのではないでしょうか。

今週の満月には冥王星がコネクトしているので、「手放すことで手に入る」と感じられるときになりそうです。これまでの半年間ですでにそう実感した人もいるかもしれません。

好きなものが手に入りやすい満月です。ただし、欲しいものが目の前に現れたときに「自分にはもったいない」とは思わないように。せっかくの贈り物を受け取ることができなくなってしまいます。

思考とコミュニケーションを司る水星は、月以外とコンタクトを取らずに牡羊座エリアを運行しています。そこは、「深い交わりによる変容」を意味する場所でもあります。目上の人に相談することで悩みを解決できそうです。

金星(愛と喜び)、火星(意欲)、土星(節度)、海王星(夢・スピリチュアリティ)の4天体が、「人間関係・社交の部屋」を意味する場所を運行しています。この配置によって、パートナーシップにおいて愛と信頼を育むパワーが溢れてくるでしょう。

今週の全体の空模様

みんなの願いを集めて

「もっと強く願っていいのだ /わたしたちは/明石の鯛が食べたいと/もっと強く願っていいのだ/わたしたちは/幾種類ものジャムが/いつも食卓にあるようにと/もっと強く願っていいのだ/わたしたちは/朝日の射す明るい/台所がほしいと」
——茨木のり子「もつと強く」

25日は天秤座満月。このタイミングで、昨年10月の天秤座新月で蒔いた種を収穫するイメージです。半年間に学んだこと、感じたことに区切りがつくとき。積み立ててきたものが“満期”となるのです。

天秤座新月では、「人と人が支え合い手を差し伸べ合う」がテーマでした。半年前の天秤座新月では、「窮地に立たされる人が増えるかもしれない」という気配が感じられました。

実際、この6カ月の間に自然災害や争いが続き、より多くの人が苦境に立たされています。目を開いて、人々を追いやり、苦しめているものをしっかりと確認していくことが重要な時期でした。

そうした中で、それまで知らなかったことを学んだ人も多いでしょう。その学びがさらに人道的アクションを呼ぶということも、あちこちで起きていました。「人を助けたい」と願う純粋な気持ちから、希望の光が生まれてきています。

天秤座満月は、「思考したものが現実になる(実体化する)」という意味を持つ度数にあります。さらに、運命を大きく動かす力を持つ冥王星と、調和的にコネクトしています。

だからこそ、この満月のもとでは、「綺麗ごと」を思い描いていかなければなりません。願ったことが叶いやすい週なので、“あるべき社会の姿”や“理想の未来”をあきらめないことが重要になるのです。

政治の在り方や公共の福祉、個人の生活も、もっと平和で美しく豊かなものになれるはずだと多くの人が心から願い求めれば、それが力となり世界をデザインしていきます。

しかし、その分、ネガティブな気持ちも現実に反映されやすいときです。自分の心の中を見つめ直して、後ろ向きな部分がないか注意してみましょう。たとえば「あの人は怖い人だ」と思えば、本当にその相手が「怖い人」として現れてきてしまいます。世の中に対しても、希望を失ってしまえばそれがそのまま現実となってしまうかもしれません。

心の中で思っていることが、周囲と響き合って目に見える形を取り始める週です。

3月18日〜3月24日 乙女座の運勢【ブルータス週間占い】

左から齋藤精一、服部滋樹。柴田文江、倉本 仁

未完成なものから可能性を見出す。大阪・関西万博から生まれる“共創”のデザイン

語る / PR