Feel

3月18日〜3月24日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の射手座(11/23〜12/21生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

射手座の星模様

歌って踊って

活発に遊べる週。

今週20日に太陽が牡羊座エリアを運行し始めます。射手座と牡羊座は同じ「火のエレメント」であり、互いの燃える情熱や溌溂としたエネルギーを高め合う関係性です。

また、牡羊座エリアは射手座にとって「創造性とレクリエーションの部屋」。喜びや楽しい遊びを表す場所です。さらに今週太陽は、冥王星(破壊と再生)と海王星(夢とスピリチュアリティ)の力を受けて、パワーアップしています。

外に出てのびのびと過ごしたくなるとき。イベントに参加したり、クリエイティブなことをしたり、積極的に楽しみを増やしていけそうなタイミング。遊ぶほどに元気になるでしょう。

魚座エリアの金星(愛と喜び)と土星(節度・責任)のペアが、牡牛座エリアの木星(成長・拡大)と仲良くコンタクトします。この影響で、ルーティンワークを楽しめるようになりそうです。テンポ良く作業できるとき。

多少の面倒くささは、鼻歌をうたいながら乗り越えていけそうです。また、今週食生活を見直すと、身体に合った食事を見つけられそうです。

火星が水瓶座エリアにいる22日までの間は、不確かな情報に振り回されやすいとき。23日に火星(意欲・闘争心)が魚座エリアに入った後、さらに状況は混沌とするかもしれません。家族や仲間との間に誤解が生じやすいときなので、注意をしておきましょう。

今週の全体の空模様

夢と希望と、戦う力

「枯れるのが悲しいのなら新しい花束を買う、絶やさずに買う」
——千種創一『千夜曳獏』

今週、3月20日に太陽が牡羊座エリアを運行し始めます。

牡羊座は、12星座のトップバッター。太陽が牡羊座エリアに入るタイミングが「春分」であり、西洋占星術での新年になります。

牡羊座は、生まれたばかりの赤ん坊のような生命力に溢れ、生きる喜びに燃えています。「自分が今ここにいる」ことを享受するサイン(星座)です。

今週は、牡羊座エリアに入った太陽のすぐ近く、扉一枚を隔てた隣室に海王星(夢とスピリチュアリティ)が佇んでいます。この海王星の気配が牡羊座の性格に合わさって、「夢見がちな冒険者」というムードが世界に広がっていきそうです。

さらに、冥王星(運命)が太陽と調和的に繋がります。大胆な方向転換や意識改革によって明るい社会を勝ち得ていくパワーを与えてくれそうです。

今週見られる春分図(春分時の星図)においては、冥王星と月とが向かい合っていることも大きな意味を持っています。冥王星は「破壊と再生」を司ります。次世代のために、社会の暗部にメスを入れる力も持っています。

この2天体が向かい合っていることで、社会政治や政治に対する意識を揺り動かす出来事が起こるかもしれません。デモに参加するなどして、意見を表明する人が増えていきそうです。
汚職や不祥事への批判や責任追及の声がさらに高まる予感もします。

同時に、まずは、自分の日々の行動から改めなければいけないということも突きつけられそうです。

愛と喜びを司る金星が、節度や責任を司る土星に接近しています。そして成長を司る木星と柔らかくコンタクトをしていきます。この動きにより、柔軟な問題解決力や粘り強く問題に取り組む姿勢がより重要視されそうです。

23日には火星(意欲・闘争心)が魚座エリアに移動します。火星が水瓶座エリアにいたときは、議論や交渉ごとにおいては「知性で推し進める」モードでした。それが週半ばには「情に訴える」作戦に変わるイメージです。

多くの人の心を一つにするためには、“正論パンチ”よりも愛やヒューマニティが効果的になります。

3月11日〜3月17日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

カルティエとアートの足跡を俯瞰する展覧会が開催中!【ART CONVERSATION BY CARTIER】Vol.1

カルティエとアートの足跡を俯瞰する展覧会が開催中!【ART CONVERSATION BY CARTIER】Vol.1

訪れる / PR