Feel

2月26日〜3月3日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23〜8/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

獅子座の星模様

燃える闘魂

獅子座が属する“固定宮”は、継続する力や揺るぎなさを持つ星座です。しかし、このエッセンスは頑固さとして表れることもあります。

今週、木星(成長)と天王星(改革)が運行する牡牛座と、金星(愛と喜び)・火星(闘志)・冥王星(極端さ)が運行する水瓶座は、ともに獅子座と同じ固定宮。つまり、固定宮に5天体が入り、その上2星座は“頑固同士”でぶつかり合う配置になっているのです。

そのため、仕事でもプライベートでも悩みが増えるかもしれません。けれど、獅子座は“火のエレメント”でもあります。不撓不屈の燃える闘志さえあれば、多少の障害は“倒すべき敵”と認識し、アドレナリンが出て元気になれるでしょう。

今週は、魚座エリアを太陽(創造性)・土星(節度)・水星(知性)が重なり合うように運行します。「引き継いできたもの」を大切にしたくなりそうです。

また、木星(成長・拡大)が魚座エリアの3天体に調和的に繋がります。伝統的なものを世の中に広めていく仕事を任されるかもしれません。

水瓶座エリアの冥王星(破壊と再生)からは「運命と向かい合う」というキーワードが浮かんできます。他者と真剣に関わることで自分自身を省みることになりそうです。

今週は水瓶座エリアの金星(愛と喜び)と牡牛座エリアの天王星(改革)がぶつかり合います。パートナーに𠮟咤激励されアイデアが湧いてきそうです。

今週の全体の空模様

生きる喜びについて

「かつて私もそうだった。競争することが社会のなかで大事なことなのだと思いこんでいた。私が教える学生たちの多くも、競争へと駆り立てられ自分で自分を苦しめている。この数字と競争への強迫観念から解放されることで私自身も楽になってきた。」
——村上靖彦『客観性の落とし穴』

魚座エリアを太陽(創造性)・土星(節度・責任)・水星(知性)が重なり合うように運行し、牡牛座エリアの木星と調和的に繋がっています。

魚座のエッセンスは、世俗的な縛りや社会通念を超越したもので、見えない世界を尊ぶ感性をもたらします。いっぽう牡牛座は、身体的な快や物質的豊かさを通して生の喜びを伝えるエッセンスを持ちます。この2星座での天体配置によって、心も体も安全に守られることの大切さを感じられそうです。

人生というものを俯瞰的に眺めることができ、さらに生きていく上で大切なもの(物心両面において)は何であるのかを真剣に考え追い求めたくなるでしょう。競争を最優先にしていると失うものがあると気がつき、働き方についての意識もやわらかく変わっていくかもしれません。

魚座エリアには海王星(夢・融解性)も運行しています。この星はしばらく、月以外の天体とコンタクトを取らなくなります。

その影響により、世の中には自由な想像力・スピリチュアリティが揺蕩いながら広がります。理由もなくぼんやりしてしまったり、時間感覚がいつもとずれたりすることもありそうです。

世界のところどころに薄い膜がかかっているように見えるとき。不思議なことが転がってくるかもしれません。

海王星と同じように水瓶座エリアの冥王星(運命)も、しばらく月以外の天体とアスペクト(関係)を取りません。冥王星がもたらすといわれている“破壊と再生”の暴力的な作用は水面下に沈み見えにくくなるでしょう。

ただ、一部の人には冥王星らしいドラマチックな出来事が降りかかるかもしれません。生まれたときのホロスコープ(星の配置)で冥王星が特別な位置にいる場合は、今週のような星模様では逆に冥王星の気配が強まるのです。

今週、ぶつかり合うような角度を取る天体たちも見られます。水瓶座エリアの金星と牡牛座エリアの天王星の衝突は、「嬉しい誤算」や「瓢箪から駒」のような展開を呼びそう。

予想していなかったところで喜びに出会えるかもしれません。思い込みから解放されるきっかけもありそうです。

2月19日〜2月25日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

左から齋藤精一、服部滋樹。柴田文江、倉本 仁

未完成なものから可能性を見出す。大阪・関西万博から生まれる“共創”のデザイン

語る / PR