Feel

2月12日〜2月18日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22〜7/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

2月12日〜2月18日の空模様

蟹座の星模様

進化と変容

今週、蟹座にとって、「共有財産・親密な関係の部屋」「自己変容」を意味する場所に5天体が運行する影響で、家族や親族など“切っても切れない関係”の人との間で問題が起こるかもしれません。

良くも悪くも、表面的な“変化”ではなく、深い“変容”をすべきタイミングになりそうです。結果的に新しい道を選んだことで、それまで馴染んでいたものを手放したことに気がつくかもしれません。

さらに水星(知性)と天王星(改革・刷新)がぶつかり合うことで、驚きの展開が訪れ、「君の進むべき道はこちらです」と告げられている気持ちになるかもしれません。

未来は自分が思っている以上に広がりがありそうです。誰かのアドバイスで脱皮に成功し、セルフイメージを更新していけるでしょう。

週半ば、火星(闘志)と冥王星(破壊と再生)が重なり合うときは注意が必要かもしれません。望むか望まぬかに関わらず、運命のように物語がどんどん進む可能性があります。辛い局面にも差し掛かるかもしれませんが、黙らずに叫んでいくイメージを持ちましょう。

月の運行は魚座エリアから双子座エリアまで。週前半は仕事が捗り、後半は友人に付き合って出かけることもありそう。雑談の中にモヤモヤを解消する光を見つけるかもしれません。

今週の全体の空模様

怒りは雷光のように

「自分は光をにぎつてゐる/いまもいまとてにぎつてゐる/而《しか》もをりをりは考へる/
此の掌《てのひら》をあけてみたら/からつぽではあるまいか/からつぽであつたらどうしよう/
けれど自分はにぎつてゐる/いよいよしつかり握るのだ/あんな烈しい暴風《あらし》の中で/
掴んだひかりだ/はなすものか/どんなことがあつても/おゝ石になれ、拳/此の生きのくるしみ
くるしければくるしいほど/自分は光をにぎりしめる」
——山村暮鳥「自分は光をにぎつてゐる」

今週は水瓶座エリアに天体が集まります。もともと太陽(創造性)、水星(知性)、冥王星(破壊と再生)が運行しているところ、13日に火星(争い)が、17日に金星(愛と喜び)が入り、水瓶座のエッセンスが強まる週です。

「知性・思考・概念」を司る風(大気)エレメントに属する水瓶座は、土星(責任、伝統)と天王星(革新性)を支配星に持ちます。多様性を尊重し、差異の中にも普遍的な知恵を見つけていく性質の星座(サイン)です。人道主義的なビジョンも備え、明晰な思考による議論を好みます。

そんな水瓶座エリアにいる言論の星・水星に、啓蒙力を持つ天王星がぶつかっています。政治の腐敗や社会問題への関心が高まっている世の中で、今週はさらに議論が活発になるでしょう。多くの人が社会の変化や刷新を望むようになりそうです。未来を切り開くために果敢に進むことが大切です。

いっぽう、一つのサインに天体が偏る弊害も考えられます。水瓶座のエッセンスが強まり、合理性を重視するムードが高まります。理屈が通りやすくなる反面、効率やルール遵守が第一となって、冷淡な対応が問題となったりもしそうです。

生きていくのに必要な優しさや愛情は、理屈では説明できないことも多いことを忘れずにおきましょう。論理的な知性は、血肉の通った人間としての喜びを増やすためにこそ使いたいものです。

また、注目したいのが、週半ばの火星と冥王星が重なり合うタイミングです。火星は火花散る状況を連想させ、冥王星は劇的な展開を予想させます。この2天体の重なりの影響で、紛争などを含め、世の中に大きなインパクトを与える出来事が勃発するかもしれません。

小さなきっかけで予期せぬ方向に進んでしまうこともありえます。事故やトラブルには細心の注意を払いましょう。

2月5日〜2月11日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

写真家・大森克己

写真家・大森克己の挑戦、その前夜のこと。powered by Yakult

休む / PR