Feel

Feel

感じる

12月25日〜12月31日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24〜11/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

12月25日〜12月31日の空模様

蠍座の星模様

手を繋いで

この半年間は「視野の拡張」「知識が増えたことによる価値観の刷新」ということを考え、研鑽に適した期間でした。しかし、一方で、「学べば学ぶほどに自分の無知さに直面する」「わかればわかるほど、もっと理解しないといけないものに出合う」と気がつくこともあったのではないでしょうか。

27日の蟹座満月は、高い位置から物事を見定める叡智を得るためには、学ぶことを諦めない姿勢が何よりも必要だと思い至るタイミングとなりそうです。そして、学びにおいては謙虚さがとても大切だと実感できるでしょう。

30日に金星(愛と喜び)が、蠍座にとって「生まれたときから持っている財産」や、「自分の資質を活かした豊かさ」などの意味がある場所に移動します。シンプルに今の自分自身を認め、リラックスモードになれるとき。

長所を活かして仕事ができるでしょう。また、ずっと欲しかったものが手に入るかもしれません。

31日は、9月から牡牛座エリアを逆行していた木星(成長・拡大)が順行に戻ります。逆行中はパートナーと懐かしい場所に行く機会があったかもしれません。もしくは契約内容の確認が発生したかもしれません。

順行になった木星は幸運の星でもあり、2024年の5月まで、結婚運や契約運を上げてくれます。自分がどんな生き方をしていきたいのかを、近しい人と語り合うのもおすすめの時期です。

今週の全体の空模様

その痛みを自分のものとして

“If I must die, you must live, to tell my story”
──リファアト・アル=アリイール

今週の27日は蟹座満月となります。この満月のテーマを理解するために、遡って半年前の蟹座新月のテーマを確認しましょう。蟹座新月では「苦境からの帰還者」たちの思いがじわじわと共有され、世界のあちこちで価値観の転換が起きました。

それまで、何も分からずに従ってきた社会のルールや常識から脱却するきっかけを見つけることができたでしょう。

そして、今週の満月は蟹座5度「列車に破壊された自動車」という意味を持つポイントで起こります。この場所から見えるのは、自分よりも強大なものに立ち向かい、激しくぶつかり、打ち負かされる光景。けれど、そこには、何度でも果敢に挑むたくましさも備わっています。

その姿は、勇気をもって社会の理不尽さに立ち向かう人々に重なって見えます。そして、この満月の戦いに寄り添うのが、土星(責任・社会性)と木星(成長・受容性)です。

この2天体はともに「正しい道に導く教師」のような役割をもっており、希望を与える存在となっています。土星は、とても大切なのに失われてしまいそうなものを保護して残そうとし、木星は、閉じ込められた場所から人々を逃すために渡される「橋」となる力を持ちます。

生き残るために一時退避を選んでも良いのです。大切なのは、未来への意志を保つこと。戦い続けていれば、残酷さは暴かれ、苦悩は共有され、世界は確実に変わっていきます。

30日に金星(喜び)は自由と冒険を愛する射手座エリアに移動します。「ここではないどこか」に出かけたくなりそうです。

31日は牡牛座エリアを逆行していた木星が順行に戻り、“手に触れる豊かさ”を授けてくれるかもしれません。

12月18日〜12月24日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

クラークス ワラビーEVO WP

何気ない毎日に寄り添う特別な靴。クラークス ワラビーEVO WPを履いて街に出よう

着る / PR