Feel

Feel

感じる

12月18日〜12月24日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22〜7/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

12月18日〜12月24日の空模様

蟹座の星模様

沈んでも浮上する

週前半、太陽(創造性)が射手座エリアを運行し、魚座エリアの海王星(夢と霊性)が激しくぶつかり合います。この星の配置によって、「理想と現実のギャップ」に落ち込むことがあるかもしれません。もともと蟹座は感受性が強く、想像力が豊かなところがあります。その性質が少し暴走してしまうかも。

22日に太陽が山羊座エリアに入り、土星(試練・節度)と調和的に繋がると、現実を見る冷静さが戻りそうです。

22日から、蟹座にとって「人間関係(社交)」や「パートナーシップ」を意味する場所に太陽が運行します。

頼りになる相棒との絆が強まりそう。現実的な考え方をする人との対話を通して、自分の長所短所が見え、やりたいことの輪郭がはっきりとしてきそうです。

水星(知性・コミュニケーション)が逆行し、山羊座エリアにいる太陽と重なったあと、射手座エリアに戻っていきます。何を優先すべきなのか、思考がクリアになっていきそうです。

金星(愛と喜び)が逆行中の天王星(改革・刷新)の真正面に入り、その後、海王星と調和的に繋がります。この配置は喜びをもたらしてくれそうです。心優しい友人に励まされて、ゆらゆらと揺れていた気持ちが安定していきそうです。愛をじんわりと実感できるタイミングにもなるかもしれません。

今週の全体の空模様

揺れながら進む

「戦後の自由主義も民主主義も、他力によって与えられたもので、自力で闘いとったものではないのだから、それを身につけるためには、それを真摯に学び、謙虚に出直す心構えが必要だ」
──黒澤明『蝦蟇の油 自伝のようなもの』

今週の18日から21日は、太陽が射手座エリアを運行し、魚座エリアの海王星(夢と霊性)と激しくぶつかり合います。この影響で、理想を求める意欲が思わぬ方向に逸れて迷子になっていきそうです。あまりにも遠大すぎる目標設定のために現実から離れてしまうようなことがあるかもしれません。

22日、太陽は山羊座エリアに移動し、魚座エリアを運行する土星(責任・社会性)と調和的なコンタクトを取ります。週前半から一転して、歯車がきちんと噛み合っていくような感触を得られるでしょう。空回りから抜け出せ、地に足を着けて進むことができそうです。

山羊座は実利主義で実体のあるものを重んじる「地のエレメント」です。共同体の規範や秩序を定め、社会としての集団を構築する力を持っています。

山羊座の支配星は“地上の摂理の管理者”とされる土星です。山羊座と土星はともに堅実さと鍛錬を好みます。

今週は山羊座にいる太陽と土星の繋がりによって、厳かな空気が世の中に広がりそうです。

23日、逆行中の水星(知性・コミュニケーション)が、太陽山羊座と重なり、その後すぐに射手座エリアへと戻っていきます。

水星が司るのは「思考」や「情報」です。それが逆行するので、一度は「こうしよう」と選んだことにためらいが生まれるかもしれません。

気持ちが迷い不安定にもなりますが、自由に物事を捉え直すチャンスでもあります。情報をしっかり吟味して活用できるようになりましょう(成立しかけていた法案が取り下げられたりするようなこともイメージできます)。

また今週は、金星(愛と喜び)が逆行中の天王星(改革・刷新)と向かい合い、その後、海王星と調和的に繋がっていきます。思いがけない出来事で事態が急展開し、幸運が舞い込んでくるかもしれません。美しいものに見とれたり、現実離れしたロマンティックな物語に夢中になったりもしそうです。

12月11日〜12月17日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

グラフィックデザイナー・小林一毅

グラフィックデザイナー・小林一毅の挑戦、その前夜のこと。powered by Yakult

休む / PR