Feel

Feel

感じる

11月13日〜11月19日 山羊座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の山羊座(12/22〜1/19生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

11月13日〜11月19日の空模様

山羊座の星模様

フィーリング重視で

蠍座新月が起こるのは山羊座にとって「未来と希望」や「友情」を意味する場所です。今回の新月では、見えていなかった道が見え、開くと思っていなかった扉が開くようなことがありそうです。

山羊座は“積み重ね”を大切にする地のエレメントに属しています。どれだけ時間をかけたのか、鍛錬をしてきたのかを重視します。

しかし、この新月から蠍座満月までの半年間では、思い切った方向転換や、今までとは違うルートの開拓によって、「正しさ」を得ていくことが課題になりそうです。過去の経験をいったん横に置くようなことにもなるかもしれません。

アファメーションは「過去に縛られないで未来を選ぶ」「既存の概念に捕らわれない」ことをテーマにすると良さそうです。

射手座エリアを運行する水星(知性・コミュニケーション)と天秤座エリアを運行する金星(愛と喜び)が仲良くコンタクトをすることで、光(希望)が射してくる方向が分かるかも。物事を楽観的な視点から考えると、世界の見え方が大きく変わりそうです。

週半ばには、太陽と火星(闘争心)の2天体に、魚座エリアで逆行中の海王星(夢・融解力)が繋がります。友人たちの間に不穏な空気が広がるかもしれません。誰にも肩入れせずに、穏やかに状況を見守りましょう。

今週の全体の空模様

魂の声に動かされて

「国家は暴力を抑止するどころか、むしろ暴力を公認し、人びとの生活を絶え間ない暴力の連鎖に巻き込んできたのではないか。そんな問いがアナキズムの国家への懐疑の根底にはある。」──松村圭一郎『くらしのアナキズム』

蠍座エリアを運行している太陽と火星(切り裂く力)は互いに接近し続け、今週半ばには「合」(天体が重なり合うこと)になります。接近している間は、何かが圧縮されていくようなイメージが、合のタイミングでは、圧縮されたものが破裂するイメージが浮かんできます。

火星蠍座の緊張感をポジティブに使うとするならば、「現状打破」「腐れ縁を切る」「集中して何かを行う」「深く掘り下げる」ということができるでしょう。

この流れの中、13日の夕方に蠍座エリアで新月が起こります。

今回の新月のテーマには「強い理念(意志)を持って反逆を始める」というエッセンスがあり、真正面を逆行中の天王星牡牛座(改革・刷新)は、天啓を伝える鳩(メッセンジャー)となります。危機に直面する世界中の人が何らかのメッセージを感知するでしょう。

天の高い位置には土星魚座(責任・課題)が輝き、歴史に残すべき大切なものは何であるのかと問いかけてきます。国家とは何か、平和とは、正しさとは、人間の尊厳と命とは、愛や信頼とは何か……。

見えないところで大きな変化のうねりがあります。深層無意識(深い魂の世界)を通じて世界中の人たちと気持ちとエネルギーを共有することで、その思念したものが現実になっていきそうです。

抑圧と弾圧の歴史をこれ以上繰り返さないという決意を、多くの人が抱くようになるかもしれません。

週半ばから太陽と火星の2天体が、魚座エリアで逆行中の海王星(夢・とろける力)に調和的に繋がっていきます。緊張状態に、麻酔のような海王星の力が注がれ、魂の回復が高まる“休息モード”が始まります。

海王星の力は、“脱力”しているときに受け取りやすくなります。 心の底からリラックスしていたり、身を委ねるように何かを信じたりしているとき、肩の力は抜けているはず。逆に、何かを完全に諦めるなど、執着を手放せているときも脱力した状態でしょう。

そんなとき、海王星は、苦境においても希望を持てるしなやかな強さを授けてくれるでしょう。

また、新月には、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。各星座ごとにテーマが変わりますが、「信念を持って進む道を選ぶ」というのは共通します。

宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の蠍座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

11月6日〜11月12日 山羊座の運勢【ブルータス週間占い】

音楽家・荒谷翔大

ソロの道を歩み始めたミュージシャン・荒谷翔大が着る〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉

着る / PR