Feel

Feel

感じる

10月30日〜11月5日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22〜7/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

10月30日〜11月5日の空模様

蟹座の星模様

合縁奇縁

今週、太陽と逆行中の木星(成長・拡大)の対向関係、そして金星と逆行中の天王星(改革・刷新)との調和的つながりによって、花が咲くように人脈運が開いていきます。

「これをやってみたい」と表明すると、友人知人が「助けるよ」とサポートを申し出てくれそうなときです。気軽にやりたいことを口にし、人に頼ることをためらわないように。

また、過去にご縁のあった人と再会しやすい運気です。偶然街で会ったり、友人から紹介された人が、実は昔からの知り合いだったりするかもしれません。広い意味で「復縁」がありそうなタイミングです。もう一度会いたい人がいたら、自分から連絡してみましょう。

対向する金星と海王星(逆行中)のつながりに冥王星が調停者として加わると、「魂が納得する深い対話」ができそうです。たとえ同じ家で暮らしていても、相手のことを深く理解しているとはかぎりません。ともすると、都合のいい解釈をしてわかったつもりになっていることもあります。

この配置のもとでは、ずっと一緒にいた相手の意外な面を知り、嬉しくなるかもしれません。対話にあたっては、現実的な話だけでなく、夢や理想もテーマにしてみましょう。そうすることでその人らしさが浮かび上がります。

「もし何でも叶う道具があったら何をするか」「生まれ変わるなら何になりたいのか」なども良さそうです。

今週の全体の空模様

祈りの鐘のように

「カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねえ、どこまでもどこまでもいっしょに行こう。僕はもう、あのさそりのように、ほんとうにみんなの幸(さいわい)のためならば僕のからだなんか百ぺん灼(や)いてもかまわない」
──宮沢賢治『銀河鉄道の夜』より

太陽は蠍座エリアを運行し、牡牛座エリアを逆行中の木星(成長・拡大)の真正面にやってきます。蠍座と牡牛座には、「強く欲求し、愛着する」という共通点があります。蠍座は深い絆や愛情を求め、「愛」とは牡牛座は現実的で形のあるモノを欲します。

このふたつのサインが天体を通じコンタクトを取ると、何に価値を見出しているのかがはっきりしてきそうです。必死になって手を伸ばしている先にあるものは何か。守ろうとしているのが何か。それらが鮮明に見えてくるかもしれません。

「欲望の持ち方」はその人らしさでもあるので、何を求めているかを明確にすれば、価値観が浮き彫りになります。

週前半から週半ばまで、乙女座を運行する金星(愛と喜び)と牡牛座を運行する天王星(改革・刷新)が仲良くつながります。嬉しい変化や、思ってもみなかった喜びごとがあるかもしれません。たとえるならば、小さな花束を突然もらうようなイメージです。

週半ばから、金星乙女座が、魚座エリアを逆行中の海王星(夢想と融解)と、山羊座エリアの冥王星(破壊と再生)と調和的につながります。4日には、この3天体に蟹座エリアを進む月もリンクし、「ミスティックレクタングル」と呼ばれる形が現れます。

乙女座と魚座は「癒やし」を、山羊座と蟹座は「庇護・育成(父母の力)」をそれぞれ意味しているため、この4星座が描く長方形からは、親が子を思うような温かなエネルギーが感じられます。

大切な人の魂と肉体の無事を祈るような響きが、この配置から聞こえてくるかのようです。

10月23日〜10月29日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

染分縮緬地異国風景模様振袖

きものを、観る。知る。楽しむ。Vol.2 きものと異国

学ぶ / PR