Feel

Feel

感じる

10月16日〜10月22日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22〜7/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

10月16日〜10月22日の空模様

蟹座の星模様

転換スイッチ

今週は運気のスイッチが入り、状況が大きく変わっていくかもしれません。

火星は蠍座、土星(逆行中)は魚座を運行し、2天体は調和的につながります。そこに蟹座を加えた三角形は、水のエレメントのグランドトラインと呼ばれ、蟹座の味方になってくれます。

知りたいことがあるときに、スペシャリストが助言をくれたり、素晴らしい指導をしてくれたりするイメージです。自己研鑽を集中して行うのにも良いタイミングです。

蟹座にとって「コミュニケーション・言語」を意味する場所を運行する金星(愛と喜び)と、牡牛座を逆行中の木星(成長・拡大)は、互いに調和的につながります。誰かと交わしたちょっとした会話から冒険譚が始まり、全く予想もつかなかった場所にたどり着けそうです。

手がけた仕事が世間で評判になり、そこから良い案件が舞い込むこともあるでしょう。

太陽天秤座と、冥王星山羊座が激しくぶつかり合う影響で、パートナーや家族との間に問題が浮上するかもしれません。自分が当事者にならず、身近な人がこちらのサポートを必要とするような事態に陥ることも考えられます。

 関係性の変化もあり得ますが、全てはこれから新しく始まる物語のためです。前向きに受け止めていけると良さそうです。

今週の全体の空模様

真実を暴く鋭さ

「幾重にも重なる闇を内包しキャベツ、僕らはつねに前夜だ」
──千種創一『砂丘律』より

今週、「勇気」や「意欲」「戦う力」などの意味を持つ火星は、存分にその威力を発揮できる場所・蠍座エリアにいます。そして週半ばまでは、逆行中の土星魚座と調和的につながります。

この配置により、世の中の欺瞞や詭弁が暴かれていきそうです。真実を見抜く人たちの鋭い眼差しと言葉とが、なんとなく信じていたものの正体を教えてくれるのです。曖昧になっていた問題について、実態が白日の下に晒されるかもしれません。

世の中の何を信じ支持するのかが問われることになりそうです。

18日頃から週後半にかけて、太陽は天秤座の後半度数を運行し、冥王星山羊座と激しくぶつかり合う位置につきます。このことにより、今まで許されていた文化や価値観に「NO」と言う声が大きくなりそうです。

そして、時代によって変化しにくい普遍的な価値のあるものと、そうでないものの選別が起こります。まるで、「次の時代」という新しい国に移住するために、荷物をまとめ、持ちきれないもの(時代にそぐわないもの)を、その場に置いていくようなイメージです。

信じていたものがいつの間にか消えていたり、立っていた基盤が揺らいだりもするでしょう。「このままではいけない」と考えることが増え、移住のための“荷造り”が進みます。行く先には、全く新しい価値観が溢れていそうです。

このような、来るべき未来に備えてシフトしていく動きは、2023年から2024年の間断続的に続いています。いくつかの段階を超えるうちに、時代は次のステージへと移行するでしょう。

そんな流れの中でこそ、大きな視点を持ち、自分はどのように変わりたいのかを明確にイメージすることが重要です。

10月9日〜10月15日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

ミュージシャン・YONCEが着る〈バレンシアガ〉のスキーウェアコレクション

BALENCIAGA「Skier」

着る / PR