Feel

10月9日〜10月15日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の水瓶座(1/20〜2/18生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

水瓶座の星模様

ノアの箱舟

9日、水瓶座にとって「強い繋がり」や「他者の財産」を意味する場所に金星(幸運)が入ります。この場所に金星がめぐる期間(~11月7日)は、自分に主導権がない場所で可愛がられるかがポイントになります。

11日、山羊座エリアを運行する冥王星(破壊と再生)が順行になると、本来の自分を取り戻せる感覚があるでしょう。冥王星逆行期間は、過去の失敗などの負の記憶に苛まれ、心の苦しみを整理したいともがいていたでしょう。

けれど今週からは、冷静に具体的な解決に向けて動くことができそうです。今後新しい自分になるために、徹底的に不要なものを捨てていくプロセスが始まります。

12日に火星(闘志・意欲)が蠍座エリアに移動します。ここは水瓶座にとって天の高い位置にあたり「社会参画」や「キャリア」を意味する場所です。鋭い意見を出して仕事をどんどん進めていけるでしょう。忙しくなり、集中力も求められそうです。

また、15日には天秤座エリアで新月が起こります。このエリアは「普遍的な叡智」や「ここではないどこか」を意味し、ここでの新月は「救済的な関わり」というテーマを持ちます。

社会の問題解決のために、世界中の知恵にふれ、様々な学びを進めること。どういったことが「救済」につながるのかを探っていけば、半年後の天秤座満月で大きな手応えを感じられるでしょう。

新月のアファメーションは「みんなを救う智慧を得ること」を誓願すると良さそうです。

今週の全体の空模様

試練と救済

「見るんじゃない。ただ眺めるのだ。はじめの何日間か、あなたはくり返しくり返し何かを見てしまうだろう。ただ古い習慣のせいでね。我々がものを聞くのもその古い習慣のせいだ。我々がものを見るのも古い習慣のなせるわざだ。我々がものを理解するのも古い習慣のせいなのだ。」
──OSHO『存在の詩』(星川淳訳)

今週は、天体の移動が多く見られます。9日に金星(愛と喜び)が乙女座エリアに入り、「静かな愛」や、「慎ましさを美徳とするムード」が感じられそうです。

11日に冥王星(破壊と再生)が順行に切り替わります。殺伐とした世相の中に明るい兆しを見たり、社会問題の解決の糸口を掴んだりできるかもしれません。

12日に火星(闘志・意欲)が蠍座エリアに移動します。火星は蠍座の支配星であるため、このエリアでは鋭い刃物を持った戦士のような強さを与えられます。

また、15日には天秤座エリアで新月が起こります。(※この新月は金環日食を伴いますが、日本では観測できません。この記事では、国内の運勢にはあまり影響がないと考えていきます。)

この新月は、「救済的な取り組み」が始まることを教えてくれます。今週の天秤座新月から天秤座満月までの半年間は、人と人が支え合い手を差し伸べ合うための取り組みが広まりそうです。異なる立場の者同士の相互理解も進むでしょう。

それだけ窮地に立たされる人が増えるのかもしれませんが、人が人を助けたいと願う純粋な気持ちから、“希望の光”は生まれてくるようです。何が人々を追いやり、苦しめているのか、しっかりと目を開いて確認していくことが重要な場面になります。

また、新月には、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。各星座ごとにテーマが変わりますが、「他者との愛ある交流をはかる」ということは共通します。

宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の天秤座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

10月2日〜10月8日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

写真家・大辻隆広さん、子どもたち

オーセンティックで子供に優しい。親子で納得できる「+CEL」のランドセル

暮らす / PR