Feel

9月18日〜9月24日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21〜6/21生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

双子座の星模様

波をかき分け

23日までは、太陽が乙女座後半度数を運行し、逆行中の3天体(天王星・海王星・冥王星)とコンタクトする影響で、「目に見えない大嵐」に巻き込まれるようなことがあるかもしれません。嵐の原因は他者かもしれませんが、自分の無意識が招いている場合もありそうです。

大波に翻弄されたときは、そんな自分を描写して「物語」として仕立てることで心が落ち着くかもしれません。客観性を武器にすると良いでしょう。

また、金星獅子座と火星天秤座が「救命ボート」を出してくれそうです。経験した「物語」を友人に明るく話すことで、さらに心が落ち着き、陸地まで辿り着けそうです。

23日午後に太陽が天秤座エリアに入ると、週前半の不安定さ(嵐)は収まりそうです。

太陽は、双子座にとって「喜びの部屋」であり、遊びや創造性を意味する場所を運行し始めます。不安要素が消えてなくなったわけではなくとも、「まあ大丈夫だろう」という楽観的な気持ちと、「どうにかして乗り越えてやろう!」という勇気が湧き上がってきそうです。


しなやかに物事を受け止め、深刻にならずに、軽やかに空を見上げて走り出すようなイメージでいましょう。混乱の中に置かれても、どうせ生きなければいけないストーリーならば前向きに進むこと。すると、冷静に切り抜ける知恵も出てくるはずです。

今週の全体の空模様

価値観の変動

「私はあなたではない。これは存在を賭けたNOの表明でもある。私が私を肯定するとき、それは他者の否定でもある。なぜなら、『今ここの場』に存在するのは私という一者であり、二者は並び立たない。私の立っているこの場にあなたは立つことはできない。お互いがそうなのだ。そこに私の尊厳があり、だからこそ相手を尊重する場が生まれる」
──尹雄大『聞くこと、話すこと。』

太陽は18日から23日昼過ぎまで乙女座エリア後半度数を運行し、23日午後に天秤座エリアに移動します。今週はこの23日を境として、ムードが変わってくるでしょう。

天王星(改革)・海王星(霊性)・冥王星(運命)の3天体は「外惑星」と呼ばれ、「社会」や「世界」など規模の大きなものに影響を及ぼすとされています。

現在、この3天体は逆行中で、それぞれ乙女座エリアの太陽とコンタクトをとっています。太陽は、天王星・冥王星とは調和的に繋がり、海王星とは緊張関係にあります。

そのため、今週前半は小さな人間の手には負えない、「神の采配」と思うようなことが起きるかもしれません。過去の美しい思い出に一度浸り、そこから現在の固定観念やルールにとらわれていることに気がつきそうです。精神を解放し、柔軟な思考ができるようになるかもしれません。

23日の午後、太陽は天秤座エリアに入り、約1カ月間、太陽天秤座運行の期間となります。


天秤座は、集合的な「みんなの」視点を自分自身の視点として取り入れていく傾向があります。「みんなはそれぞれこんな見方をしているだろう」と考え、そこから「平均的でバランスの取れた感覚」を割り出し、自らの観点としていくのです。

天秤座はまた、独りよがりを嫌い、気配りと折衷能力に長けています。また優れた審美眼を持ち、洗練や品格を重んじます。太陽が天秤座にいる期間は、自己を律することの美しさや、調和や平和がテーマになっていくでしょう。

さらに今週の太陽は、魚座エリアを逆行中の土星と密かに繋がります。そのため、世の中で起きる様々なことが複雑な様相を呈し、簡単にその性質を判断することができなくなりそうです。

正義の顔をした不正義や、被害者のように振る舞う加害者など、欺瞞に満ちた状況を目にすることになりそうです。何が良いことなのか、誰を信じるべきなのか、すぐに見分けるのは難しいでしょう。

9月11日〜9月17日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

テーブルに置かれた仁丹

植物由来だから毎日継続したい、マインドセットにぴったりの〈銀粒仁丹〉

整える / PR