Feel

9月11日〜9月17日 山羊座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の山羊座(12/22〜1/19生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

山羊座の星模様

高みを目指して

今週15日、山羊座にとって「高い精神性や専門的な学び」を意味する場所で新月が起こります。この新月では、社会的地位を得るために、仕事のプラスになる資格を取得するなど自分の価値を高めるための何かを始めてみましょう。

専門知識を増やし、実力をより活かせる作戦を立てること。今週の新月から乙女座満月までの半年間で自己研鑽に励むと、大きな成果を得られそうです。実務能力を上げることが自信に直結していきます。

新月(太陽と月の重なり)が起こるのは乙女座、新月にコンタクトを取る木星と天王星が運行するのは牡牛座です。両星座は山羊座と同じ「地のエレメント」に属します。現実を生きるための安定した力を得ることを応援してくれそうです。

アファメーションは「自分のスキルに自信が持てました」「他の誰にも負けない得意なことができました」というような向上心溢れるテーマが良いでしょう。

火星天秤座と金星獅子座の調和的な繋がりのもとでは、仕事に励むほど成果が出て、それによってさらに意欲が湧くといった好循環が生まれそうです。さらにバックヤードから良いパスが回ってきそう。引き継ぐ仕事にも恵まれそうです。

16日に水星が乙女座エリアで順行に戻ると、自分を導くメッセージが届き、行き先がはっきりと見えてきそうです。

今週の全体の空模様

リブランディングの新月

「たつた一度何かを新しく見てください あなたの心に美がのりうつると あなたの眼は時間の裏空間の外をも見ます どんなに切なく辛い悲しい日にも この美はあなたの味方になります 仮りの身がしんじつの身になります 」
──高村光太郎「手紙に添へて」

今週は15日に乙女座エリアで新月が起きます。太陽と月が重なるこのタイミングは、表層的な意識と、普段は見えていない無意識の領域が重なり合って響き合うときでもあります。

新月には、改革刷新を司る天王星(逆行中)と成長拡大を司る木星(逆行中)がコンタクトしています。

今まで定着していたイメージが剥がれ、新しいものに替わっていきそうです。と同時に、社会的正義だと信じられていたものの価値が揺らぎ始めます。大きな茶番に巻き込まれていただけだと、多くの人が気がつくでしょう。

内的な動機であれ、外的な要因であれ、「このままではいけない」と突き動かされるように変化が始まるときです。

ここから乙女座満月までの半年間は、「リブランディング」を進めていくことになりそうです。行き詰まりや膠着状態から抜け出すための試行錯誤が始まります。真正面から解決策を探すこともあれば、あえて奇をてらってみることもあるでしょう。

金星獅子座と火星天秤座が調和的に繋がります。この配置は、活路を見出すヒントを与えてくれそうです。専門家の意見や海外の事例を参考にすると良さそうです。

また、新月は物事をスタートさせるタイミングとして吉とされています。

そして、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。

各星座ごとにテーマが変わりますが、「価値の付け直し・リブランディング」というテーマは共通します。宣誓を5〜10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の乙女座満月のときにその宣誓が叶っているというおまじないです。

9月4日〜9月10日 山羊座の運勢【ブルータス週間占い】

エルベ・シャンデスと北野武

北野武が、カルティエ現代美術財団との歩みを語る【ART CONVERSATION BY CARTIER】

語る / PR