Feel

8月21日〜8月27日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の水瓶座(1/20〜2/18生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

水瓶座の星模様

反抗心の封印

乙女座エリアに太陽が入り、23日から9月22日まで運行します。水瓶座にとって、太陽が運行するこの場所は「共有財産・親密な関係の部屋」「継承(先祖代々)」を意味します。

この太陽乙女座運行期間は、先人たちに思いを馳せ、自分たちが継承しているものを意識すると良いでしょう。自分一人の人生ではとても手に入れきれないものを、前の世代から受け取っているのだと認識すること。

同時に、自分の不足にも気がつき、さらに先人から学ぼうという気持ちになりそうです。

さらに、今週は火星(意欲)と水星(知性・言語)も同じ乙女座エリアにあるため、人生の先輩から伝統の技を教え込まれるようなこともあるかもしれません。

太陽は逆行中の土星(課題)と向かい合い、緊張のまなざしで見つめ合っています。この期間(~8月31日)は、先輩から指摘された弱点を認めること。謙虚に教わる姿勢でいることが、経済的安定にも繋がります。

水瓶座は独自のスタイルを貫こうとしがちですが、今週は、人の教えを素直に受け入れましょう。

水星(知性)がステーションとなり、その後逆行していきます。水星は牡牛座エリアを運行する天王星(改革)と調和的に繋がります。

この配置のもとでは、「よそ者」でいることで丁寧にものを教えてもらえます。地元や家族に馴染めないと感じている人は、むしろそれは教えを受ける好機と捉えてみましょう。

今週の全体の空模様

直視する勇気

「勢力や権力が人々に作用しているから、幻影が続いているにすぎない。彼らは特別な存在でも、特別な人間でもない。そのことに薄々と気づき始める勢力者や権力者もいる。本当に知性ある人は、とっくに権力者が何ものでもないことを知っている。しかし、多くの人々は、依然と幻影を見たままでいる。」
──フリードリヒ・ニーチェ『さまざまな意見と箴言』より/『超訳ニーチェの言葉』白取春彦訳

23日に太陽が乙女座エリアに入ります。太陽の「(物事に)光を当てる」力と、乙女座のエッセンスである「目で見えるものを信じる」「混沌を整え形を明らかにする」力が合わさります。そこから、社会正義を追求する力が強まっていきます。

現実がクリアに見え始め、気が付いていなかった世の中の不条理さや不正義が浮かび上がってくるでしょう。

さらに、乙女座エリアには乙女座支配星の水星(知性)がいるため、分析や論理立てのパワーが増します。加えて火星(闘志)も乙女座に来ており、太陽のボディガード的働きをするので、社会正義を徹底しようとする力が働くでしょう。

社会の乱れへの取り締まりが厳しくなり、公共の利益のためのルール普及も進められそうです。

今週後半に進むと、太陽と、魚座にいる土星(社会性・試練)は緊張状態でコンタクトをとりはじめます。すると、観察・分析といった乙女座的エッセンスと、魚座の「物事を曖昧にし、溶かす力」がぶつかります。

混沌とした情報の海の中で、信頼に値するものを厳しく見定めていく目が増えるようなイメージです。

24日には、伝達を司る水星が逆行を始めます。その数日前から、水星は天球上で止まって見える「留(ステーション)」という状態になっています。

「留」は逆行よりも地上への影響力が強いと言われており、24日の少し前から、連絡の行き違いやメールの誤送信などのミスコミュニケーションが起こるかもしれません。思わぬ情報漏洩にも注意を。

8月14日〜8月20日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

旬の素材が共鳴。ジャパニーズクラフトジン ROKU〈六〉と繊細な和食のペアリングを

飲む / PR