Feel

8月7日〜8月13日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22〜7/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

蟹座の星模様

どんな人間でいたいのか

今週の星の配置では、「メンバーの刷新」のようなことがあるかもしれません。乙女座にいる火星と水星が、他者との対話を促します。そこに太陽獅子座と木星牡牛座の対立構図が加わって、価値観の変容が起こりそうです。

自分はどんな人間なのかということを客観的に見つめられそうです。そこから、自分がどんな人間になりたいかと考えると、そばにいてほしい人たちの顔ぶれも変わってきます。

蟹座にとっては、「味方を増やす」ことがいつでも重要なミッションです。ここで「味方」とは、感情の繋がりを持てる相手のことです。しかしそのため、蟹座はときとして自分の気持ちに反する感覚や批判を敬遠してしまいます。

今週は、そういった「味方」観が変化し、新しい仲間を受け入れていくときです。共感や寄り添いも大切ですが、それだけでなく、忌憚ない意見やアドバイスをくれる人が周囲にいるか確認してみましょう。厳しいことを言ってくれる人ほど大事な味方になります。

蟹座は周りの人を「守ってあげる」対象と見がちですが、今週からは、互いに意見し合えるフラットな繋がりを育てていきましょう。また、自分を取り巻く環境をつくっていくのは自分自身だという意識も強く持つこと。

おりしも土星が逆行中で、長年夢見ていたことに再チャレンジできるとき。新しくなった味方チームで挑戦してみましょう。

今週の全体の空模様

生きる光

「自分を変えるただひとつの正しい方法は/自分がそうありたいと思う存在とできるだけ接し/その存在のヴァイブレーション/その存在のリズムの中に/自分をひたし、自分を溶解し、/自分自身の存在のリズム、/自分自身のヴァイブレーションとしていくことだ」
──「自分を変える」ということについて。(「人間関係論」批判)より 真木悠介『うつくしい道をしずかに歩く』

人生を照らす“光”と“熱”としての太陽を感じる季節が、この太陽獅子座期です。

太陽獅子座期は、誰しもが「すでに自分は唯一無二の存在で“特別”なのだ」と感じ、安定した自尊心を育んでいけるタイミング。

ただし、“特別”とは、超絶モテたり億万長者になったり、目からビームが出せるという突出した能力があったりすることではありません。そういった事柄に“特別”の基準を置くと、自分の特別さがわからなくなります。

ここでの“特別”とは、「自ら考え、意識し、主体となって生きていくパワーを持っている」ということなのです。太陽は自ら燃え、輝く星です。あなたが、あなた自身の光を放てることに気がつけば、道は自然と照らされていくのです。

今週は「王様(権力者)」が追い詰められるような場面が展開されています。

太陽獅子座に、牡牛座エリアを運行中の木星と天王星が激しくコンタクトしています。この牡牛座勢力には、乙女座エリアの火星(戦士)と水星(策士)が味方をしています。そのため、今まで揺らがなかった“権力”が揺らぐかもしれません。

たとえば、悪徳社長がごまかそうとした罪を、被害を受けた人々が告発するかもしれません。市民運動が活発になり、政策に影響することも考えられます。公共性のある資金や予算について物申す人が増えそうです。

個人レベルでは、「人生の豊かさとは何か」という問いが浮上してきそうです。

また、経済の駆動力となっている人間の欲望が、水不足や食料問題などとぶつかり合います。新しい時代に向けて、サステナブルな形で満足できるように欲の方向性も変わっていきそうです。

7月31日〜8月6日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

クラークス ワラビーEVO WP

何気ない毎日に寄り添う特別な靴。クラークス ワラビーEVO WPを履いて街に出よう

着る / PR