Feel

7月17日〜7月23日 天秤座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の天秤座(9/23〜10/23生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

天秤座の星模様

充実ライフは仕事から

今週の蟹座新月には、冥王星山羊座、海王星魚座、天王星牡牛座の3天体がコンタクトしています。この新月では「天職との繋がり」をイメージすると良さそうです。

仕事にやりがいを感じ、心から打ち込むことができているでしょうか。天職と思えるものを仕事にできたら、人生は充実します。

今、天職についていると思えている人は、さらなる研鑽をアファメーションテーマにできます。まだ仕事にそこまでのものを感じていない人は、方向転換やスキル取得などを宣誓すると良いでしょう。自分という人材をどう世の役に立たせるか、という視点も大切です。

23日に獅子座エリアに太陽が入ると、交友関係が広がりそうです。イベントに呼ばれたりと、あちこちに顔を出すような時期になりそうです。

また、金星が獅子座エリアで逆行をし始めたら、過去に仲良くしていた素敵な人と再会できるかもしれません。人と会うときは意識して明るい気持ちでいると、さらに対人運が良くなるでしょう。

先週に引き続き、火星乙女座と土星魚座は、互いに批判的な眼差しを投げかけています。人の仕事に口出しをしたくなったり、逆に、自分の仕事に口出しをされてムカムカしてしまったりするかもしれません。無駄な諍いを起こさないように、冷静に過ごしましょう。

今週の全体の空模様

支え合う、新しさと古さ

「一人でも一頭でも一匹でも、幸せになれる奴からなればいい。だれのことも待たず、てんでんばらばらに、勝手に輝きはじめてしまえ。おれはその光が見たい。光でいっぱいの人の世が見たい。」
──雪舟えま『幸せになりやがれ』

暗い地底の国に迷い込んだ人の感覚は、同じ経験を持たない人にはなかなか理解が難しいものです。いくら言葉を尽くしても埋められない溝が横たわっています。

しかし、今週18日の蟹座エリアの新月では、そういった「苦境からの帰還者」たちの思いがじわじわと共有されていきます。それは、果実が“機”を悟って熟れてはぜるように、自然な展開として起こります。それによって、世界のあちこちで価値観の転換が見られそうです。

生き残るために、今まで盲従してきた社会のルールや常識から脱却するきっかけを掴んでいくこと。

個々が自分の意志を持ち、「私は集団の中にあっても私という個人である」という意識をしっかりと育むことが必要になるかもしれません。そうやって新しい生き方を創っていくために、まずは古いものをきちんと大地に還していく。今週はそんなイメージです。

新月は物事をスタートさせるタイミングとして吉とされています。そして、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。

宣誓を5~10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の蟹座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。各星座ごとにテーマは変わりますが、「誰と繋がり、どこに行きたいのか」という問いに答えることは共通しています。

23日には太陽が獅子座エリアに入ります。ここは太陽にとってのホームグラウンドなので、太陽が世の中を照らす光が強まります。創造性や主体性が高まっていくでしょう。「それぞれの誇り」がキーワードになります。

同日、愛と喜びを司る金星も獅子座エリアで逆行し始めます。今まで注がれていた「恵み」に気がつき感謝できるかもしれません。

金星は愛と欲望を司るので、今週は、恋愛にまつわるスキャンダルで騒がしくなる可能性も。

7月10日〜7月16日 天秤座の運勢【ブルータス週間占い】

LONGINES NEW HERITAGE「受け継がれる、スタンダード」

“かっこいい大人”の定番時計 〈LONGINES〉に受け継がれる、新たなスタンダード

着る / PR