Feel

6月19日〜6月25日 乙女座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の乙女座(8/23〜9/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

乙女座の星模様

シャツにアイロンをかけて

今週21日に太陽が蟹座エリアに入ると、「縁を繋ぐこと」がテーマになってくるかもしれません。

人脈運がアップし、誰かの紹介で素敵な人と出会えたり、サークル活動などで気の合う人と仲良くなるかもしれません。外に出る時は、新たな出会いを想定し、チャンスを逃さないように自分に自信を持てる服装を心がけましょう。

また、週後半には太陽蟹座に土星魚座(逆行中)が調和的に繋がることにより、過去に仲良くしていた人に再び会うこともありそうです。

辞めた職場からラブコールがあったりするかも。復縁希望の人はダメもとで連絡をとってみるのも良いかもしれません。優しく、柔らかな気持ちで他者との交流に向き合いましょう。

水星双子座と火星獅子座の調和的コンビネーションにより、仕事でやりたかったことを試験的な形で実現できるタイミングとなります。隠していた必殺技を試すイメージ。けれど、自分はあくまでも陰。表に出る役割は他のメンバーが担ってくれそうです。

牡牛座エリアを運行する木星と天王星は「自己研鑽のための扉を開くこと」を想起させます。

悔しさがバネになり、「見返してやる!」とエネルギーが湧くかもしれません。もしくは「あの人に認められたい」という気持ちから自分磨きを始めることになるかもしれません。

どんな動機から始めたとしても、得られるものは大きいので、ポジティブに自分を鍛えていきましょう。

今週の全体の空模様

弱さを補い合う連帯

「故郷を甘美に思う者は、まだ嘴の黄色い未熟者である。あらゆる場所を故郷と感じられる者は、すでにかなりの力を蓄えた者である。だが、全世界を異郷と思う者こそ、完璧な人間である。」
──エドワード・W・サイード『オリエンタリズム』より、聖ヴィクトルのフーゴー『ディダスカリコン』からアウエルバッハが行った引用出典

西洋占星術においてシーズンの区切り方は「春分」「夏至」「秋分」「冬至」の4つです。6月21日の「夏至」は太陽が蟹座エリアに入る瞬間でもあり、一年を4つに分けたうちの、2つめのタームの始まりです。

蟹座のキーワードは「庇護・養育(母性的な要素)・家族・民族(チーム)意識・情動」などです。

蟹座エリアを太陽が運行し始めることにより、社会のあちこちで新たなチームやグループが結成され始めます。そして、それぞれが活発に動き出します。

また、週後半になると、太陽と土星が調和的に繋がります。その影響によって、小さな花があちこちに咲くように、ためらわずに親切を行える人が増えていきます。人間愛を伴った連帯の強さが生まれそうです。

土星(社会性・責任)と冥王星(極端さ・運命)の2天体は逆行し、「もう一度振り返ること」の社会的な重要性が高まりそうです(もしくは、時代に逆行するようなことが起きるかもしれません)。

水星(知性・コミュニケーション)と火星(意欲・闘争心)が調和的に繋がることにより、「情報戦」が激しくなりそう。

また、火星は天王星(改革・刷新)と激しくぶつかります。その影響で、世の中の混乱を招くような情報が流れそうです。情報の真偽の判断が難しい状況になって、誰が敵で誰が味方なのかがわからなくなるかも。

今週は極端で乱暴な言説には振り回されずに、「弱さや柔らかさを守ること」や「平和を望む気持ち」を優先し、穏やかに過ごすことを心がけましょう。

6月12日〜6月18日 乙女座の運勢【ブルータス週間占い】

建築家・クマタイチ

建築家・クマタイチが体感。居住空間を豊かにする〈東芝〉の「おいしい」とデザイン

暮らす / PR