Feel

4月10日〜4月16日 牡牛座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の牡牛座(4/20~5/20生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「言葉というものは、生きている事の不安から、芽ばえて来たものじゃないですかね。」──太宰治『御伽草子』


先週に引き続き太陽に木星が接近し、13日に重なることで、ハイパーポジティブなパワーに溢れそう。

ひとまず行動してみよう!という積極性。市井の人々の声が世の中に響きやすいタイミングです。小さな誰かの声が、その周りの誰かの心を動かし、それがまた新たな声へと繋がっていく……というイメージです。

今週キーとなる天体は「金星」です。金星が司るのは「愛と美」「喜びや幸運」「楽しさや嬉しさ」「好む気持ち」など。

4月11日から5月6日までの金星双子座運行期間では、「コミュニケーション」や「言語」にまつわることの喜びが増えそうです。

今週金星は、冥王星(運命・破壊と再生)と美しいハーモニーを奏でる一方、土星(責任・社会性)からプレッシャーを受けています。

冥王星のもたらすカタルシスによって、自分が何を好きか(愛しているか)、はっきりするタイミングでもあります。食わず嫌いで避けていたもの、なんとなくイメージで苦手だと思っていたものを好きになる瞬間が訪れそうです。 大きく変化を遂げるチャンスかも。

逆に、これまで好印象だったものに幻滅することもあるかもしれません。

双子座に入った金星はしかし、軽薄なキャラクターも持っています。その軽薄さに制御をかけるのが土星です。

金星双子座期は、コミュニケーションの中に「信頼」をいかに編み込めるかを考えること。誠意や真剣さがないところには良い対話は生まれないのだと学べる時期でもあります。

火星(意欲・勇気)と水星(知性・思考)は調和的につながっていて、安心・安全を優先した判断へと導いていきます。

14日には月と冥王星が重なり、2天体は金星と調和的な角度を取ります。そのときの気分で大事な約束や判断をしないように。ムードに流されやすいときでもあるので、気をつけましょう。

牡牛座の星模様

仕込みは大事

太陽と木星が重なることにより、妙に記憶に残る夢を見そうです。眠りが浅くなって日中ぼんやりしやすくなるかもしれません。

自分の願望や希望を、心の奥で細部まで明確にイメージをすることで、引き寄せるパワーを得られそうでもあります。陰でこっそりと自分を鍛えたり、整えたりすることも吉。

また、4月20日から始まる太陽牡牛座期間は牡牛座が「主役」の1カ月となります。今週はその表舞台に上がるための下準備の週にすると良いでしょう。

ポートフォリオをまとめ直したりHPを更新したりするなど、自分を知ってもらう入り口を整えましょう。

金星と冥王星の調和的な関係により、仕事の場面で奇跡的な出会いがあるかもしれません。育て上手な上司など、自分の良さを引き出してくれるプロデューサー的存在が現れそうです。

金星と土星のぶつかり合いでは、礼節に厳格な人に目をつけられるかも。丁寧な対応、大人としての振る舞いをすることで、厳しいチェックを潜り抜けましょう。目上の人からの急なお誘いもあるかもしれません。

火星と水星の影響によって、いつもよりも思っていることをスムーズに言葉にできそうです。

牡牛座は、言葉を出すために長考が必要なタイプが多いのですが、この配置によって感情から言語表現へ大きなバイパスが通るイメージ。熱く語ることで心が満たされそうです。

14日は主に仕事について、自分のやりたいこと、進みたい道が見つかりそう。見つかったならば後は具体的に一歩ずつ行動することで、叶う可能性が上がります。

【碧Ao meets JAZZ】サックス奏者・馬場智章が語る、ウイスキーとジャズの共鳴

【碧Ao meets JAZZ】サックス奏者・馬場智章が語る、ウイスキーとジャズの共鳴

飲む / PR