Feel

4月3日〜4月9日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

おもうに この国の稚い子宮は したたかな絶望を 敢然と孕まねばならぬ 何度でも 何度でも 何度でも ──茨木のり子「民衆のなかの最良の部分」より(『現代詩文庫20 茨木のり子詩集』)

先週に引き続き、火星(闘争・燃えたつ力)と土星(責任・節制)が協力関係を結んでいます。「仲間」に誰を選ぶのか、誰と連帯するのかを考えることになりそう。

また、太陽に木星(成長・拡大)が接近し、重なろうとしていきます。それにより、個人個人の思いや行動がとても目立ち、意味のあるものとして見えてきそうです。

4日には水星(思考・コミュニケーション)が牡牛座エリアに移動し、冥王星(破壊と再生)と繋がります。極端な意見や思想が世の中に出てくるかもしれません。

今週は6日に天秤座エリアで満月があります。満月は、新月で蒔いた種の実りを収穫するとき。昨年9月の天秤座新月からフォーカスしてきたことが「満ちる」ようなタイミングです。

新月で定められたテーマは、「世界と自分は深く繋がっていて、切り離せはしないと覚悟すること」でした。そしてこの満月のタイミングで、その覚悟がしっかりと決まりそうです。

この半年の間、「変わりゆく世界」を意識し、過酷な運命を乗り越えるためのミッションについて秘密の相談をし、意見のすり合わせをすることがテーマでした。想定以上の世界の歪さや目まぐるしさに直面する場面もあったでしょう。

今週は、世の中の「悪い部分」は簡単に取り除くことはできないと理解し、むしろそこにフォーカスし深く知っていくことが重要だとわかるタイミングです。

敵に見えるもの、禍々しいものの正体を知ることが求められます。角度を変えた観察と理解。想像力を持つことが解決の糸口になりそうです。

蟹座の星模様

愛ある眼差し

先週から、火星と土星は調和的に繋がっています。更なるスキルアップのために専門的なことを学ぶ必要を感じるかもしれません。自己研鑽に励むと良いタイミングです。

また、太陽に木星が接近していくと、仕事運が燃えるように高まります。嬉しい悲鳴が出るかも。目立ちやすく、人気も得やすいでしょう。しかし、勢いに任せて案件を引き受けすぎると、あとで大変なことになるので注意しましょう。

4日の水星(思考・コミュニケーション)と冥王星(破壊と再生)の繋がりの影響で、伝統と現代的な価値観とが喧嘩をしそうです。新旧両方のいいところを活かす方法を模索しましょう。

今週6日の満月が起こる天秤座エリアは、蟹座にとって「家庭や家族」「自室や居場所」などを意味し、とても私的な場所です。

昨年9月の天秤座新月では、蟹座に「チーム優先」な性質があったとしても、「外側」にも目を向けて、内も外もひと繋がりのものだと理解し交わっていく感覚を養うことが課題でした。

社会と自分の生活を繋げて考えることで、目の前に現れる出来事や人と適切に関わっていけるようになることを学ぶことが多かったでしょう。日常にしっかり向き合うことで、社会と自分の生活を繋げる考え方を身につけられました。

この満月では、今まで遠い存在だった職種の人たちを身近に感じ、連帯していく大切さを真剣に考えることができていければ良いでしょう。

クリードの香水アバントゥース

テーラーと英国王室の関係から始まる意外な歴史。世界が熱狂する〈クリード〉の香水「アバントゥス」

整える / PR