Feel

3月27日〜4月2日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の射手座(11/23~12/21生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週の天体運行では、4カ所注目したいところがあります。

その中で一番目立つのは、蟹座エリアにいる火星(意欲・闘争心)と魚座エリアにいる土星(責任・社会性)の調和的な繋がりです。

この配置により、自分が心の拠り所としているものという意味での「愛」について深く考えることになりそうです。

蟹座も魚座も「感情」「情緒」「共感」といった心にまつわるものを司る水のエレメントです。

そこに火星の「切り離す力」が働いて心が一度バラバラに分解され、土星が持つ「繋いで固める力」でまとめ直す……そんな作業が発生しそうです。感情(心)の整理整頓が上手くできそう。

2つめは、水星(知性・コミュニケーション)と木星(成長・拡大)との牡羊座エリアでの重なり合いです。

ステップアップをしたくなったり、冒険を始めたくなったりするような、ポジティブなパワーが湧き上がってきそうです。火のエレメントの星座(牡羊座・獅子座・射手座)の人は特に、この2天体の影響を強く受けそうです。

3つめは、天王星(改革・刷新)と金星(愛と喜び)との牡牛座エリアでの重なり合い。今持っているものに飽きて手放したくなるとき。より楽しいものや、今の自分にぴったりなものが欲しくなりそう。

世間では、奇をてらったアイテムが注目を浴びそうです。グルメやファッション分野でも斬新なアイデアが出てくるかもしれません。この配置の影響は、地のエレメントの星座(牡牛座・乙女座・山羊座)が特に受けやすいでしょう。

4つめは、先週水瓶座エリアに入った冥王星。じわじわと「時代の変化」の薫りを発してきています。これは、長期的な変化の前触れです(2023〜24年は大きな変化の準備運動期間であり、今週はその始まり)。

「運命」そして「破壊と再生」を司る冥王星。この星の動きによって、あまりに大きすぎて見えていなかったものや、変わるわけがないと思っていた基盤的な部分があっけなく変わるかもしれません。

特に、水瓶座が持つ象意には「IT・最先端技術」が含まれているので、ゲームチェンジャーとなる技術が表れそうです。

それに伴って、人々の心のあり方も変容を迫られるでしょう。そして、変革を先導するのは、風(大気)のエレメントの星座(双子座・天秤座・水瓶座)の人たちとなりそうです。

射手座の星模様

遊びに行くためのダンジョンクリア

太陽と、水星・木星のペアが、「創造性とレクリエーションの部屋」であり、喜びや楽しい遊びを表す場所を運行しています。

自由に動ける感覚が強まり、やりたいことが増え、心が躍るタイミングです。創造的な楽しみには、人生を豊かにし、心を健やかに保つ力があります。今週は、仕事よりも遊びを優先したくなるかもしれません(可能なら、遊びを優先してしまいましょう)。

ただし、火星と土星の調和的繋がりが、「遊びたい」気持ちにブレーキをかけるかも。火星がいる場所は「しがらみ」「深い縁のある場所」、土星がいるのは「家庭」や「地域」です。

土星(責任)が射手座に厳しくぶつかる位置にあるので、仲間や家人から急ぎの用事を頼まれてそれに時間を取られるといったことがイメージされます。遊びに行くには、いくつかのダンジョンを攻略しないといけないようです。

天王星と金星が重なることにより、仕事の効率を上げる画期的な方法がひらめくかも。ちょっとした秘訣が日常の中で見つかりそう。

冥王星の気配は身近な人とのコミュニケーションの変化の兆しとして表れるかもしれません。対話の頻度や内容そのものが変わることもありえますし、より深い相互理解ができるようにコミュニケーションの進化を求められることもありそうです。

今までと同じかたちで会話やふれあいを持ちかけても、返ってくる反応が違ってくるかもしれません。

最初はぼんやりとした違和感しか持っていなかった相手の変化に、だんだんはっきりと気がついてきます。軌道修正をしていくチャンスの週でもあります。

宮沢氷魚とレンジローバー イヴォーク

俳優・宮沢氷魚がレンジローバー イヴォークと見つける新しいトーキョー

運転する / PR