Feel

3月27日〜4月2日 水瓶座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の水瓶座(1/20~2/18生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週の天体運行では、4カ所注目したいところがあります。

その中で一番目立つのは、蟹座エリアにいる火星(意欲・闘争心)と魚座エリアにいる土星(責任・社会性)の調和的な繋がりです。

この配置により、自分が心の拠り所としているものという意味での「愛」について深く考えることになりそうです。

蟹座も魚座も「感情」「情緒」「共感」といった心にまつわるものを司る水のエレメントです。

そこに火星の「切り離す力」が働いて心が一度バラバラに分解され、土星が持つ「繋いで固める力」でまとめ直す……そんな作業が発生しそうです。感情(心)の整理整頓が上手くできそう。

2つめは、水星(知性・コミュニケーション)と木星(成長・拡大)との牡羊座エリアでの重なり合いです。

ステップアップをしたくなったり、冒険を始めたくなったりするような、ポジティブなパワーが湧き上がってきそうです。火のエレメントの星座(牡羊座・獅子座・射手座)の人は特に、この2天体の影響を強く受けそうです。

3つめは、天王星(改革・刷新)と金星(愛と喜び)との牡牛座エリアでの重なり合い。今持っているものに飽きて手放したくなるとき。より楽しいものや、今の自分にぴったりなものが欲しくなりそう。

世間では、奇をてらったアイテムが注目を浴びそうです。グルメやファッション分野でも斬新なアイデアが出てくるかもしれません。この配置の影響は、地のエレメントの星座(牡牛座・乙女座・山羊座)が特に受けやすいでしょう。

4つめは、先週水瓶座エリアに入った冥王星。じわじわと「時代の変化」の薫りを発してきています。これは、長期的な変化の前触れです(2023〜24年は大きな変化の準備運動期間であり、今週はその始まり)。

「運命」そして「破壊と再生」を司る冥王星。この星の動きによって、あまりに大きすぎて見えていなかったものや、変わるわけがないと思っていた基盤的な部分があっけなく変わるかもしれません。

特に、水瓶座が持つ象意には「IT・最先端技術」が含まれているので、ゲームチェンジャーとなる技術が表れそうです。

それに伴って、人々の心のあり方も変容を迫られるでしょう。そして、変革を先導するのは、風(大気)のエレメントの星座(双子座・天秤座・水瓶座)の人たちとなりそうです。

水瓶座の星模様

静かな湖面のように

冥王星が水瓶座エリアに入ってきました。変革することとは何かを失うことだ、と思い込んでいた状態からの解放を感じそうです。思い切ってバンジージャンプを飛んでみたあとのような、不思議な爽快感。

いざ変わってみたら、この自分もまた良し、変わって良かった!とうれしい気持ちになれるものです。変化への抵抗がなくなり、進化できる自分を祝福したくなります。

火星と土星の調和的繋がりによって、ルーティン的雑務に追われることになりそう。しかし、その忙しいリズムの中にいることで、心は逆に凪いで整っていくことがあります。

せわしなく体を動かしているうちに精神が落ち着いていくという少し不思議な感覚です。それを通して、ふと新たな気づきを得られそうです。

悪いことが起こらないように、良いことが訪れるようにと望むのは人間の性ですが、今週の星の配置のもとでは、吉凶ふたつの要素は分けられるものではなく渾然一体としてただそこにあるのだと感じられそうです。

そして、悪いことも良いことも、全体から見ればどちらも必要なのだと受容する心が出来上がりそうです。

天王星と金星が重なることにより、自分にとって重要な宝物は、自分の足元、すぐそばにすでにあったのだと気がつく出来事がありそうです(青い鳥が家にいたように)。

太陽と、水星・木星のペアが「気軽な交流」「コミュニケーション」や「兄弟姉妹」などを意味する場所を運行しています。

友人や兄弟姉妹との軽やかな交流で、元気になるようなイメージです。爽やかな風を部屋に入れるように、連絡をとってみましょう。

クリードの香水アバントゥース

テーラーと英国王室の関係から始まる意外な歴史。世界が熱狂する〈クリード〉の香水「アバントゥス」

整える / PR