Feel

3月13日〜3月19日 天秤座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の天秤座(9/23~10/23生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週は、太陽は魚座の終盤エリアを運行します。牡羊座エリアへの移動を目前に控えています。

占星術では「太陽が牡羊座エリアに入る」=春分であり、一年のスタートとなります。太陽が牡羊座エリアに入るインパクトを「新しい命の誕生」とするならば、今週は、宇宙の羊水の中にいる赤ん坊が生まれることを今か今かと待っているイメージです。

新しい命が生まれる前に、その命が直面する世界がどのようなものなら理想的かを考えてみましょう。

戦争、構造的貧困、自然環境への負荷、食糧不足。偏った思想によって社会は分断され、政治腐敗が蔓延している。現代世界には、人間の加虐性や残酷さが大きく影を落としています。

しかし、赤ん坊の誕生に際して、こんな世界を望む人はいないでしょう。平和で、愛と希望に満ちた世界を望むものです。

今週はその理想に一歩でも近づくために、平和や公平さ、豊かさとは何かを、立ち止まってシンプルに考えていくタイミングです。

プロパガンダ的なものを忌諱しながら、社会や政治のあり方を論じる人々の声が矢のように飛び交います。その声は、今世の中にある痛みを浮き彫りにし、考えるきっかけをつくりそうです。

17日に金星(愛と喜び)がホームグラウンドである牡牛座エリアに入り、心地よさげに伸びをして光を振りまきます。幸運の女神の恩恵が広がりやすくなります。

19日には水星(知性・言語感覚・コミュニケーション)が牡羊座エリアに入り、率直で情熱的な対話が始まりそうです。

天秤座の星模様

調律

今週は、「速度の調整」が肝になります。慌てず、焦らず、深呼吸して進むこと。

太陽、海王星、水星が、「日々の仕事・サービスの部屋」、自他ともにケアをすることや奉仕することを意味する場所を運行していることにより、気持ちを緩めて休みを取る必要性を感じるかもしれません。

不調を見て見ぬふりをしないで、休む勇気も必要です(来週から忙しくなるので、スローペースで体力温存するのをおすすめします)。春分以降の新年後からの業務の下準備を進めるのも良さそうです。何かを仕込んだり、整えたりするのに向いている週です。

この「休息の必要性」に、火星(意欲・闘争心)が激しくぶつかる角度をとります。火星は「もっと成長しなくては」と焦らせます。

気を抜いてひと休みしている場合じゃない、と思わされるような出来事もあるかもしれません。けれど、やるべきことを片付けたあとは、休むことも使命と思い、スケジュール調整をしていきましょう。

17日に金星が牡牛座エリアに入り、お下がり運が上がります。上質な物や、価値のある物を譲られるかもしれません。実家や、縁の深い場所で嬉しい出来事もありそうです(~4月10日)。

19日に水星が牡羊座エリアに入ると、パートナーとの対話が活発になりそう。役割分担の話し合いもスムーズにできそうです。相談事を持ちかける好機でもあります。

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着て画家・友沢こたおが新しい表現を模索する日々

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着て画家・友沢こたおが新しい表現を模索する日々

着る / PR