Feel

2月27日〜3月5日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

来週、土星が水瓶座エリアから魚座に入ります。

その直前の今週は、2020年から続いていた土星水瓶座運行のタームの総仕上げとなります。水瓶座は、社会意識、社会全員で見る未来、人道的なビジョンといったテーマを持ちます。

その星座に責任や試練を司る土星がいたため、今週までの3年間は、「私たちの未来はどうあるべきなのか」ということを問いかけられていました。

各星座それぞれがこの3年間土星からの課題を振り返る良いタイミングです。

土星は「試練・責任」のほか、偶然に出くわす「苦痛」や「困難」も紐づけられています。そこに教導的な意味を見出せば、苦しみから喜びや成功を生み出す錬金術となりえるのです。

また土星は「うわべだけ」の対応を許さない厳格さを持ちます。自然に解決することを期待して問題を放置したり、捨てるべきものに固執したりすると、土星が魚座に移った後も、社会が進む方向性を考えさせるようなニュースが出てくるでしょう。

また今週は幸運の星である金星(愛と喜び)と木星が重なり、嬉しいことがありそうです。

この2つの天体は12星座のスタートである牡羊座エリアを運行しています。「新しく始まる喜びと希望」が強く輝きます。ひとつでも灯りが増えるように、前向きな気持ちでいましょう。

世界は真っ黒でも真っ白でもなく、喜びも悲しみも、吉も凶も同時に存在しています。

すべてを抱えて進んでいく大きなうねりが発生しそうな週です。時代の境目にいると感じることがあるかもしれません。

蠍座の星模様

根付く場所

土星がこの3年間運行しているのは、蠍座にとって「家族と家庭の部屋」であり、基盤や帰属する場所やコミュニティを表す場所です。

これまでの3年間は、家族や仲間との連携を強化すること、責任ある役割を果たすことが課題として与えられていました。それに加えて、新たな居場所の開拓も課せられていました。

蠍座は本来は受け身な性質で、一度つながりを持つと、そこに強い愛着を持ち、じっとしている性質があります。

けれど、この3年間は、積極的に動かざるをえない状況に見舞われたり、変化を迫られたりしたでしょう。それが土星からのミッションでした。今週はミッションの達成度を振り返るとき。

今、自分がいる場所で、信頼され、頼り甲斐のある人として認められていれば、土星の期待に応えられたと言えるでしょう。

2日は、金星と木星が、「日々の仕事・サービスの部屋」であり、自他ともにケアをすることや奉仕することを意味する場所で重なり、「幸運の鐘」が鳴り響くような素晴らしい日です。心と身体のメンテナンスの日にすると良さそうです。

3日に水星(言語・コミュニケーション)と土星が水瓶座エリアで重なります。真剣な話し合いができ、今まで試行錯誤してきたことや、迷いがあったことに決着がつきそうです。

ただし、同日に水星は魚座エリアへと移動します。それにより、決着をつけたつもりが、またモヤモヤが浮上してくるかもしれません。

クリエイティブの力で社会を変革する、アクセンチュア ソングDroga5の仕事術

クリエイティブの力で社会を変革する、アクセンチュア ソングDroga5の仕事術

考える / PR