Feel

2月27日〜3月5日 魚座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の魚座(2/19~3/20生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

来週、土星が水瓶座エリアから魚座に入ります。

その直前の今週は、2020年から続いていた土星水瓶座運行のタームの総仕上げとなります。水瓶座は、社会意識、社会全員で見る未来、人道的なビジョンといったテーマを持ちます。

その星座に責任や試練を司る土星がいたため、今週までの3年間は、「私たちの未来はどうあるべきなのか」ということを問いかけられていました。

各星座それぞれがこの3年間土星からの課題を振り返る良いタイミングです。

土星は「試練・責任」のほか、偶然に出くわす「苦痛」や「困難」も紐づけられています。そこに教導的な意味を見出せば、苦しみから喜びや成功を生み出す錬金術となりえるのです。

また土星は「うわべだけ」の対応を許さない厳格さを持ちます。自然に解決することを期待して問題を放置したり、捨てるべきものに固執したりすると、土星が魚座に移った後も、社会が進む方向性を考えさせるようなニュースが出てくるでしょう。

また今週は幸運の星である金星(愛と喜び)と木星が重なり、嬉しいことがありそうです。

この2つの天体は12星座のスタートである牡羊座エリアを運行しています。「新しく始まる喜びと希望」が強く輝きます。ひとつでも灯りが増えるように、前向きな気持ちでいましょう。

世界は真っ黒でも真っ白でもなく、喜びも悲しみも、吉も凶も同時に存在しています。

すべてを抱えて進んでいく大きなうねりが発生しそうな週です。時代の境目にいると感じることがあるかもしれません。

魚座の星模様

復活祭の予兆

土星がこの3年間運行しているのは、魚座にとって「隠されたもの・秘密の部屋」であり、エゴを溶かして、無意識の宇宙の海とひとつになることを表す場所です。

魚座は第六感が発達しているが故に、フィーリングを優先し、“何となく心地よい”や“何となくイヤ”という判断で日常を過ごすことが多いかもしれません。

しかしこの3年間は、土星から厳しい修行を課されていました。そのためネガティブな気持ちになったり、無力感に襲われたりしたかもしれません。また、罪悪感から負わなくてもいい責任を負ったことも。

それに加えて、やむにやまれぬ状況で誰かのサポートをしなくてはいけなくなったりもしたでしょう。直感で生きる魚座にとっては、目の前のことに黙々と取り組まなければいけないこの期間は決して楽ではありませんでした。

しかし、良い面を捉えれば、地に足がついた考えができるようになったということ。また、たとえば今までブラック企業にいた人は、「適正な責任」を学べて、ほどよい仕事のやり方がわかったかもしれません。

今の自分を振り返って、地道な努力を重ねることができていれば、土星の期待に応えられたと言えるでしょう。

2日は、金星と木星が、「所有、財源の部屋」であり、才能を活かした豊かさを表す場所で重なります。「幸運の鐘」が鳴り響くような素晴らしい日です。臨時収入があったり、嬉しいプレゼントを貰ったりするかもしれません。

3日に水星(言語・コミュニケーション)と土星が水瓶座エリアで重なります。今まで無意識のうちに我慢してきたことに気がつけそう。

ただし、同日に水星は魚座エリアへと移動します。それにより、考えたことが曖昧になるかもしれません。メモを残しておくと良いでしょう。

ディレクターの上村直人さん(左)と、PRオフィス〈KIIIRO〉を運営する大倉皓平さん(右)

大橋会館に集う9人が身に纏う、9枚のグレーTシャツ《New Balance Grey 9BOX》

着る / PR