Feel

2月27日〜3月5日 蟹座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蟹座(6/22~7/22生まれ)の星模様は?

text: Nao Nanashima / edit: Motoko KUROKI / illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

来週、土星が水瓶座エリアから魚座に入ります。

その直前の今週は、2020年から続いていた土星水瓶座運行のタームの総仕上げとなります。水瓶座は、社会意識、社会全員で見る未来、人道的なビジョンといったテーマを持ちます。

その星座に責任や試練を司る土星がいたため、今週までの3年間は、「私たちの未来はどうあるべきなのか」ということを問いかけられていました。

各星座それぞれがこの3年間土星からの課題を振り返る良いタイミングです。

土星は「試練・責任」のほか、偶然に出くわす「苦痛」や「困難」も紐づけられています。そこに教導的な意味を見出せば、苦しみから喜びや成功を生み出す錬金術となりえるのです。

また土星は「うわべだけ」の対応を許さない厳格さを持ちます。自然に解決することを期待して問題を放置したり、捨てるべきものに固執したりすると、土星が魚座に移った後も、社会が進む方向性を考えさせるようなニュースが出てくるでしょう。

また今週は幸運の星である金星(愛と喜び)と木星が重なり、嬉しいことがありそうです。

この2つの天体は12星座のスタートである牡羊座エリアを運行しています。「新しく始まる喜びと希望」が強く輝きます。ひとつでも灯りが増えるように、前向きな気持ちでいましょう。

世界は真っ黒でも真っ白でもなく、喜びも悲しみも、吉も凶も同時に存在しています。

すべてを抱えて進んでいく大きなうねりが発生しそうな週です。時代の境目にいると感じることがあるかもしれません。

蟹座の星模様

強い絆

土星が水瓶座エリアにいるこの3年間運行しているのは、蟹座にとって「親密な関係の部屋」「つながりの中での変容」を意味する場所です。

これまでの3年間土星が課してきたのは、他者と深くコミットメントすることで自分を変えることでした。また、仲間を信じ抜けるかどうかの試練も与えられていたかもしれません。

蟹座は元々家族や仲間と感情でつながることを好む星座です。だから本来は自然に人とのつながりをつくれるのですが、この3年間は、不信感が湧くような出来事が起き、絆を構築することの難しさに、真剣になればなるほど直面していたかもしれません。

今、仲間と安心して微笑み合い、慈しみ合えているという実感があれば、土星の試練をクリアしたと言えるでしょう。

2日は、金星と木星が牡羊座エリアで重なり、「幸運の鐘」が鳴り響くような素晴らしい日です。

仕事運が高まり、喜びに溢れた出来事に恵まれそうなタイミング。自分が何かを祝福することで、大きな祝福が返ってきそうです。

3日に水星(言語・コミュニケーション)と土星が水瓶座エリアで重なります。

家族や仲間とスムーズなコミュニケーションがとれるときでもあり、大切な話を真面目にするようなこともあるかもしれません。

同日に水星は魚座エリアへと移動します。それにより、少し遠い場所まで出かけたい気持ちになりそうです。また、直観的洞察力が高まってきそうです。

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

〈TOKYO DESIGN STUDIO New Balance〉を着る中村圭佑が、亀有で始めた新たな場づくりとは

着る / PR