Feel

2月13日〜2月19日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「われわれは楽しく正しく進まうではありませんか。苦痛を享楽できる人はほんたうの詩人です。もし風や光のなかに自分を忘れ世界がじぶんの庭になり、あるひは惚として銀河系全体をひとりのじぶんだと感ずるときはたのしいことではありませんか。」
──「212 九月二十一日 宮澤淸六あて」『校本 宮澤賢治全集第十三巻 書簡』

太陽と土星(責任・制約)が水瓶座エリアで、金星(愛と喜び)と海王星(夢とスピリチュアル)が魚座エリアで重なります。

太陽は社会の姿をはっきりと照らし出す存在、土星は社会の責任や構造そのもの。

金星は愛と美、そして耽溺性。海王星は人々に夢を見せる存在であり、感覚を麻痺させる「麻酔薬」です。

今週は、「辛口の現実」(太陽・土星)と「激甘な夢」(金星・海王星)のふたつのテーマが並んでいます。

太陽と土星が運んでくるニュースは、それに触れたときの反応でその人の成熟度を測れるようなものかもしれません。公人の発言などから社会全体の未熟さが透けることもありそうです。

一方、金星と海王星は、嫌なことを忘れて酩酊しているときのようなムードをつくり出します。現実から離れ、癒やしを得られる週でもあります。

現実が辛いからこそ、夢に邁進して、実現することができる。もしくは、辛い現実から目をそらすために、夢物語に溺れていく。どちらに傾いてもおかしくはないでしょう。

19日には太陽が魚座エリアに入ります。魚座が主役の1カ月となり、世の中に“魚座的”なことが起きやすいタームの始まりでもあります。

12星座最後のサイン(星座)である魚座は、水のエレメントに分類されます。他の11サイン(星座)のエッセンスが全て渾然一体となった、大きな海のようなイメージです。

魚座のキーワードは、物質よりも精神の優越性(スピリチュアリティ)、献身的、魂の救済、夢想家、慈善、大義に身を捧げる信仰、ロマンチスト、アート、抽象的な思考、混沌、といったものが挙げられます。

今週からの1カ月は、素晴らしいアートが世に出るようなことがあるかも。また、自他の境界線がうすまることによって癒やされる機会に恵まれそうです。共感や共鳴に動かされて大きな流れに身を投じることになるかもしれません。

蠍座の星模様

地に足着けて

今週、天体がたくさん運行する魚座と蠍座はともに水エレメントのサイン(星座)です。水エレメントのサインの特徴は、共感性や情緒性など、エモーショナルなものを大切にしていること。

今週からじんわりと、「柔らかさのある自己主張」というテーマが浮上してきます。

太陽と土星が「家族と家庭の部屋」であり、基盤や帰属する場所やコミュニティを表す場所で重なることで、家族や仲間に対して真摯で誠実な対応を求められるかも。

土星は「責任・試練」を司りますが、だからこそ、結婚や親になるタイミングにも大きく関わってきます。何かを責任を持って結実させることに繋がっているのです。

また、「創造性とレクリエーションの部屋」であり、喜びや楽しい遊びを表す場所に、金星のもたらす幸運と、海王星のもたらすスピリチュアリティが共鳴し合って広がります。

メルティで夢見心地な1週間です。遠い存在に憧れを抱いたり、恋におぼれたりするかもしれません。太陽と土星がもたらす「責任」を忘れずに、陶酔して現実を忘れても、道を踏み外さないよう遊びましょう。

さらに週半ばから、水星(知性・コミュニケーション)と木星(成長と拡大)が調和的にコンタクトします。サポートのつもりで手助けをしていると、いつの間にか業務量が膨れ上がってしまいそうです。

19日、太陽が魚座エリアを運行し始めると、ロマンチック+ドラマチックな気持ちが高まるかも。空想や想像が広がる時期になるので、アート活動がおすすめです。

ディレクターの上村直人さん(左)と、PRオフィス〈KIIIRO〉を運営する大倉皓平さん(右)

大橋会館に集う9人が身に纏う、9枚のグレーTシャツ《New Balance Grey 9BOX》

着る / PR