Feel

2月13日〜2月19日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21~6/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「われわれは楽しく正しく進まうではありませんか。苦痛を享楽できる人はほんたうの詩人です。もし風や光のなかに自分を忘れ世界がじぶんの庭になり、あるひは惚として銀河系全体をひとりのじぶんだと感ずるときはたのしいことではありませんか。」
──「212 九月二十一日 宮澤淸六あて」『校本 宮澤賢治全集第十三巻 書簡』

太陽と土星(責任・制約)が水瓶座エリアで、金星(愛と喜び)と海王星(夢とスピリチュアル)が魚座エリアで重なります。

太陽は社会の姿をはっきりと照らし出す存在、土星は社会の責任や構造そのもの。

金星は愛と美、そして耽溺性。海王星は人々に夢を見せる存在であり、感覚を麻痺させる「麻酔薬」です。

今週は、「辛口の現実」(太陽・土星)と「激甘な夢」(金星・海王星)のふたつのテーマが並んでいます。

太陽と土星が運んでくるニュースは、それに触れたときの反応でその人の成熟度を測れるようなものかもしれません。公人の発言などから社会全体の未熟さが透けることもありそうです。

一方、金星と海王星は、嫌なことを忘れて酩酊しているときのようなムードをつくり出します。現実から離れ、癒やしを得られる週でもあります。

現実が辛いからこそ、夢に邁進して、実現することができる。もしくは、辛い現実から目をそらすために、夢物語に溺れていく。どちらに傾いてもおかしくはないでしょう。

19日には太陽が魚座エリアに入ります。魚座が主役の1カ月となり、世の中に“魚座的”なことが起きやすいタームの始まりでもあります。

12星座最後のサイン(星座)である魚座は、水のエレメントに分類されます。他の11サイン(星座)のエッセンスが全て渾然一体となった、大きな海のようなイメージです。

魚座のキーワードは、物質よりも精神の優越性(スピリチュアリティ)、献身的、魂の救済、夢想家、慈善、大義に身を捧げる信仰、ロマンチスト、アート、抽象的な思考、混沌、といったものが挙げられます。

今週からの1カ月は、素晴らしいアートが世に出るようなことがあるかも。また、自他の境界線がうすまることによって癒やされる機会に恵まれそうです。共感や共鳴に動かされて大きな流れに身を投じることになるかもしれません。

双子座の星模様

できることは学ぶこと

今週、天体がたくさん運行する魚座と双子座は、ともに柔軟宮のサイン(星座)です。柔軟宮のサインの特徴は、対応力や適応力が高いことです。今週からじんわりと、「他者を受け入れる愛」というテーマが浮上してきます。

太陽と土星が重なり、学びの場面で“手応え”を感じられそうです。学びの道を山登りにたとえるならば、5合目まで登り、見える景色が変わってきたころ。

登ったことで、麓からは雲で隠れて見えなかった山頂を見ることができ、「まだまだ先は長い」とわかってきます。

それでも、誠実に学んできたからこそ、5合目までたどり着いたことに清々しい気分になります。さらなる鍛錬をしたくなるタイミング。

また、金星と海王星は「キャリア」や「公的な場面」「社会参画」を意味する場所を運行します。そこに、金星のもたらす幸運と、海王星のもたらすスピリチュアリティが共鳴し合って広がります。

「献身」や「奉仕の精神」が運気を開く鍵となります。与えられる仕事に対して、感謝の気持ちを持つこと。運命が美しく歌っているのに気がつくこと。

さらに週半ばから、水星(知性・コミュニケーション)と木星(成長と拡大)が調和的にコンタクトします。自分の知識が友人たちの役に立つ場面がありそうです。

19日、太陽が魚座エリアを運行し始めると、仕事運が上がっていきます。ただし、自分が状況をハンドリングするというよりは、大きな流れに押される形です。怒涛の日々が始まると思っていて、ちょうどいいでしょう。

偶然のようでいて、身に起こることは必然です。自分に訪れるもの全てに心を開いていることが、良い仕事に結びついていきそうです。

「GINZA SIX」にアウトドア&スポーツが充実。カラダが目覚める初夏のドレスコードは“アクティブ”

「GINZA SIX」はアウトドア&スポーツが充実。カラダが目覚める初夏のドレスコードは“アクティブ”

訪れる / PR