Feel

2月6日〜2月12日 天秤座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の天秤座(9/23~10/23生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「もつと強く願つていいのだ/わたしたちは幾種類ものジヤムが/いつも食卓にあるようにともつと強く願つていいのだ/わたしたちは朝日の射すあかるい台所がほしいと/すりきれた靴はあっさりとすて/キユツと鳴る新しい靴の感触を/もつとしばしば味いたいと」
——茨木のり子「もっと強く」抜粋

今週のポイントは、6日の獅子座エリアでの満月です。「新月」で蒔いた種を「満月」で収穫する、というサイクルがあります。

昨年7月の獅子座新月のテーマは「私たちの財産や豊かさ」について考え、富の再分配をどのようにしていくのかを検討することでした。

その落としどころ(収穫)としての獅子座満月では、とりあえず今あるものを大事にし、堅実に歩んでいこうという気持ちになります。

これは良い意味では「日常の中でのささやかな豊かさに感謝して喜ぶ」、悪い意味では「現状維持以上のことを考えられず、理不尽さや苦境を諦めの境地で受け入れる」と言えます。

満月には牡牛座エリアを運行する天王星(改革・刷新)が激しい角度でぶつかっています。

そのため、「本当にこれでいいのだろうか?」「理想を捨ててはいけない」と疑問や問題提起が差し込まれています。

現状に不具合があるときに、まったく見当外れで本質から離れた解決策が提示されることがあります。満月にぶつかる天王星は、そんな世の中をも厳しく批判してきます。

小手先の案ではなく、問題が生じた根本原因に目をやって全く新しい方法を選ぼう、というメッセージです。

また、太陽と天王星、火星(意欲・闘争心)と金星(愛と喜び)の殴り合いが週半ばまで続きます。仕事であれ、人間関係であれ、変わることを望むのであればこのタイミングを活かすとよさそうです。

12日には水星(知性・コミュニケーション)が水瓶座エリアを運行し始めます。感情より論理を優先して物事を進めていけそうです。

さらに、俯瞰的な見方が冴え、膨大な資料や情報をまとめる業務も捗るでしょう。長期的な新しい目標も見つかりそうです。年度末の忙しさを助けてくれる水星です。

天秤座の星模様

品格について

天秤座は、その名が示すごとく、何事においても均衡を重視します。複数の意見があれば、それらの中庸点を探し出します。そして黄金比や均整の取れたものを愛し、それを「完璧」と捉えています。

「完璧でありたい」という願望は天秤座の中に大きく、自分に欠点があるならば積極的に改善しようとする向上心を持っています。

けれど、他者の声を基準とするため、我が弱いところがあります。獅子座新月から満月の半年間のタームの半年間は特に周囲に振り回されていたかもしれません。

また、どんなに「完璧」を目指して努力しても通用しない状況に追い込まれたこともあったでしょう。

今週の満月で、外野の声が耳に入ってもそれを取り入れるかどうかは自分次第だと気がつくかもしれません(とても当たり前のことではありますが)。

人が言ってくることのなかには、アドバイスに見える支配や、まったくの的外れなものもあります。天秤座は無意識のうちにしたがってしまうこともありますが、実はそれは必要のないことです。

他人の存在は、自己を映し出す「鏡」として役立てましょう。今週は、そのほうがよほど健康的だと納得できるタイミングになります。

今週半ばまで、太陽と天王星がハードに刺激し合うことで、目上の人からの無茶振りが来やすくなります。できないことはできないと明確にしてストレスを減らしていきましょう。自分の立ち位置を守ること。

また、火星と金星がせめぎ合っているパワーを活かして、インプット・アウトプットを楽しく進めましょう。専門書を読んだ知識を、実務的な場面にうまく繋げられそうです。

「頭に入れる⇔手を動かす」のセットをイメージすると吉です。

ディレクターの上村直人さん(左)と、PRオフィス〈KIIIRO〉を運営する大倉皓平さん(右)

大橋会館に集う9人が身に纏う、9枚のグレーTシャツ《New Balance Grey 9BOX》

着る / PR