Feel

1月30日〜2月5日 魚座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の魚座(2/19~3/20生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「知的探求は(それが本質的なものであろうとするならば)、つねに『私は何を知っているか』ではなく、『私は何を知らないか』を起点に開始されます。そして、その『答えられない問い』、時間とは何か、死とは何か、姓とは何か、共同体とは何か、貨幣とは何か、記号とは何か、交換とは何か、欲望とは何か……といった一連の問いこそ、私たちすべてにひとしく分かち合われた人間的な問いなのです」
──『寝ながら学べる構造主義』内田樹 

占星術で読む基本の10天体全てが順行となり、「全員が前を向いて動いている」状態となりました。起業や入籍、引っ越しなど、何かを始めるのに相応しいタイミングです。


先週に引き続き、水星と天王星(刷新・改革)、太陽と火星(勇気・意欲)が調和的に繋がっています。今週はそこに、2つの「殴り合いの関係」が加わってきます。1つ目は太陽と天王星、2つ目は火星と金星(愛と喜び)です。

これらの星の配置により、「理論VS理論」「正解VS正解」という図式が見えてくるかもしれません。

立場が違うと、「理論」も「正解」も変わってきます。どこから物事を見ているのか、その視点が明らかになっていきそうです。

政治の分断、仕事での意見の食い違い、男女関係の諍いなど、あらゆるところで対立が生まれる気配。派閥争いは激化するかもしれません。それに加えて、シーライオニングや水掛け論といった、不毛な議論の応酬も見られそうです。

「はっきりとした物言い」に、真偽も問わず多くの人が従ってしまうのは、「軽・早・安」を優先してきた社会に原因があります。

あまりに情報が多すぎるのも、混迷を生む要因になっているでしょう。システムにとらわれずに思考し、社会とその中での自分の立ち位置を客観的に観察したい週です。

魚座の星模様

淋しい熱帯魚

魚座は仲間や家族に柔らかな情緒的繋がりを求める傾向があります。言語化されない部分を尊重し合える優しさ。そこにただいることで満ちていく安心感が何よりも大切なのです。

今週は、自分にとって心安らぐ場所や関係について、気がつくことがあるかもしれません。

火星と調和的に繋がっている太陽は、天王星と激しく殴り合うようなコンタクトを取ります。身近な友人や兄弟姉妹に関わるエピソードを聞いて、過去の記憶が蘇ってきそうです。

「自分と家族」もしくは「自分の帰る場所」について、モヤモヤと考えることになるかもしれません。家族や仲間と情緒的な繋がりをひしひしと感じることができれば、不安は消えていくでしょう。

双子エリアの火星は、聡明で少し強引。カラッとした論理的思考の風を吹かせてきます。魚座エリアの金星は、優美なヒレを持った熱帯魚のような繊細さがあり、火星の風で水分を奪われてしまいます。

それによって、甘えたいのに甘えられないようなもどかしさが生まれそうです。もし甘えて愚痴や弱音を吐きたくなったら、言う相手を選ぶか、前もって「愚痴なので聞くだけでいい」と伝えておくと良いでしょう。

また、水星と天王星の調和的な配置により、良いアドバイスをもらえるタイミングです。自分の気持ちや考えを言語化するのが難しいときは、誰かと一緒にまとめてみるとよさそうです。

今週、月は牡牛座エリアから獅子座エリアへと向かい、「上弦」です。2月6日の満月に向かって、どんどん膨らんでいきます。意欲や感情も大きく膨らみやすいとき。

2月1日は双子座エリアで月と火星が重なるので、家族と口論にならないように注意しましょう。蟹座エリアに月が巡る2月3日〜4日は、創作意欲が湧きそうです。

写真家・大辻隆広さん、子どもたち

オーセンティックで子供に優しい。親子で納得できる「+CEL」のランドセル

暮らす / PR