Feel

1月9日〜1月15日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「『政策』という観念は、他者に自分たちの意向を強要する国家や統治機構の存在を前提とする。それは特権階級によってでっち上げられたもので、『人びとが自らの問題を解決する』という本来の政治とは相容れない。」──『くらしのアナキズム』松村圭一郎

今週、一番注目の天体運行は、13日に火星が順行に戻ることです。ただし、逆行から順行に戻るとき、「ステーション(留)」と呼ばれる状態になります。

山伏が火渡りするときは足早に進み、立ち止まることはありません。しかし、「火星のステーション」は、熾火の上で立ち止まっているかのようなイメージなのです。

ステーションの期間は13日をピークに前後3日間(9日〜16日)と、今週はまるっとステーション状態にはまっています。

この「火星のステーション」に対するアスペクト(他の天体が火星と作る角度)が重要になってきます。基本的に、土星と火星はマレフィセント(凶)の性質を持ち合わせており、金星と木星はベネフィット(吉)の性質があるとされています。

マレフィセント(凶)な天体と他の天体との凶角度が起きる場合のイメージは、世界を揺るがす災いや事件。ベネフィット(吉)な天体と他の天体との吉角度の場合、大きな転機、歴史的な発見、新技術の開発成功などがイメージできます。

また、このステーションする場所には、占星術上で大きな影響をもたらすといわれているロイヤルスター(王家の星)であるアルデバラン(恒星)がいます。

アルデバランが関わるとき、「誠実さや高潔さがあれば、天の助けを得ることができ、競り勝つ力が手に入る」といわれています。

今週は火星と金星(愛・喜び・幸運)が調和的に繋がっており、良い方向へと進む兆しが輝き、目隠しが外れたような爽快感があるかもしれません。

火星と金星のもたらす灯を目印に、苦境から抜けていこうと希望が持てそうです。(闇を照らす灯台のライトかもしれません)。

11日に、火星と月とが激しい角度になりますが、小競り合い、もしくは小規模の混乱に収まってくれそうです。

14日には、火星のいる双子座と月のいる天秤座、金星のいる水瓶座で「風(大気)のグランドトライン」という調和的な聖なる三角形が浮かび上がります。

強い思い込みからの解放の「鍵」があらわれ、扉を開けてくれそうです。難問でひしめき合う社会に良い風を通すことができるかもしれません。

獅子座の星模様

存在感を出して

今週、ステーションになる火星と金星が仲良く繋がる影響で、人脈運、出会い運が爆上がりしそうです。積極的に人と会い、社交をすることで幸運がやってくる配置です。

13日以降であれば、プロポーズや入籍にも悪くないタイミングです(水星が逆行しているので、書類の不備などには注意)。また、自分の存在を界隈(所属する業界)に強烈に印象づけるチャンスも掴めそうです。

また、木星(成長・拡大)が牡羊座エリアを他の天体とはコンタクトを取らずに単独状態で運行しています。この場所は獅子座にとっては「探求と冒険」「ここではないどこか・遠方への旅」を意味します。

木星は伸びやかに輝くラッキースターです。学びや自己研鑽の場面で、たくさん知識のある、良い指導者に出会って成長できるチャンスがめぐってきます。

週前半の動きでは、山羊座エリアを運行する太陽と、牡牛座エリアの天王星(改革・刷新)が調和的に繋がります。この影響で、思いがけない仕事の展開がありそう。

なるべくバッファを取ったり、ピンチだと思ったときにはヘルプを頼んだりすることが大切です。周りの人に助けてもらえることも含めて実力だと考えること。

週後半は、太陽と魚座エリアを運行中の海王星(夢と融解力)とが調和的なコンタクトを取ります。ぼんやりする時間をつくりましょう。

温泉や銭湯なども良さそうです。深呼吸をして、リフレッシュをすることで英気を養いましょう。

VUILD代表 秋吉浩気

建築家/起業家・秋吉浩気が、それでもニュースを購読する理由

読む / PR