Feel

Feel

感じる

12月12日〜12月18日 牡牛座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の牡牛座(4/20~5/20生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週も太陽は射手座エリアを運行し、土星(試練・責任)とは調和的な配置、海王星(夢やとろけさせる力)とは刺激し合う配置となります。

太陽をはさんで、ネジを締める土星VSネジを溶かす海王星、という図です。

真面目に話しているのにもかかわらず、ボタンの掛け違いが起きそう。そもそも言葉の定義が違っていたり、価値観(何が世の中に良いことなのか)が異なりすぎたりして、意思疎通が難しいかもしれません。互いの足元(前提条件)を確認することが大事。

月は、13日に獅子座エリアを運行し、太陽と調和的な配置に。意欲的な気持ちになれそう。

15日には乙女座エリアを運行し、月と水星と天王星とのコンタクトで地のエレメントチームによる「聖なる三角形」のハーモニーが生じ、抜群の安定感が生まれます。実務的なことをテキパキとやるのに良い日になります。

翌16日には乙女座エリアをさらに進み、太陽と海王星と繋がって「Tスクエア」を描き、三者による殴り合いが起こります。調和と安定がテーマだった前日から一転し、乱調と変化に富んだ一日になりそうです。

週後半には水星(知性・言語感覚・コミュニケーション)と天王星(閃き・刷新・改革)が仲良く繋がることで、良いアイデア、使える設計、実用に耐えうる企画などが生まれそう。

占星術の「天体逆行」は、ものごとがあべこべになったり、ポケットがひっくり返ったり、来た道を戻ったりするようなイメージ。落としたものを回収することや、強いものが弱くなり、弱いものが強くなること。

今週も闘いを司る火星が双子座エリアを逆行しています。それに対して他の天体の干渉がなくなって、熾火のようです。メラメラはしていないけれども、芯の部分が静かに真っ赤に燃えている状態。

火星の逆行は、ダビデがゴリアテを倒したような“ジャイアント・キリング”をもたらす、ともいわれています。

その影響がどこまで続くか(本当にあるのか)、そのような観点で政治やスポーツなどに注目しても良いかもしれません(日本がスペインに勝ったときは逆行中の火星と土星が調和的な配置でした)(火星の逆行は23年1月13日まで)。

牡牛座の星模様

上手に焼けました

今週の星の配置は、どの星座にも「葛藤」をもたらすかもしれません。

太陽は牡牛座にとって「深い縁(しがらみ)」や「繋がりの中での変容」「継承(先祖代々)」を意味する場所を運行しています。

もっとしっかりとコミットメントして、繋がりの中で成長したいと願い、精一杯その場所(相手)に尽くしているのに、何かが足りないような、不完全燃焼感があるかもしれません。

もしくは、具体的に何も行動を起こさず夢ばかりを見て、「何で思う通りにいかないのだろうか」と、願望に焦らされるかもしれません。

金星と水星が山羊座にある影響は、「楽しい学び」や「師匠との出会い」として訪れそうです。新天地での修業や学びたいことの習得。伝統的な文化に触れたり、歴史ある大学などに訪れたりする姿がイメージできます。

13日、月は獅子座エリアを運行し、牡牛座と同じ「固定宮」にあります。家でじっとしていたい日かもしれません。

15日は同じ「地のエレメント」の乙女座に月が移動し、安心感をもって自分のスケジュールを進めることができそう。

16日は急な呼び出しがあったり、スケジュールが変わることがあるかもしれません。

週後半には、山羊座エリアを運行する水星と牡牛座エリアを運行する天王星が仲良く繋がります。悩んでいたことがスッキリとするような言葉に出会えそうです。

火星の「自分は自分である」と意志する力や「闘う力」は、牡牛座にとって若干使うことが難しいものです。今運行しているのは「自己リソース」を意味する場所ではありますが、牡牛座はそのパワーを持て余してしまうようなこともありそう。

「自分」という素材を、火星という熾火で調理して他者に差し出すことができれば、良い評価や利益に恵まれそうです。

「これしか自分ではない」というこだわりを、「これも私である」と柔らかく意識変化させると良いでしょう。

VUILD代表 秋吉浩気

建築家/起業家・秋吉浩気が、それでもニュースを購読する理由

読む / PR