Feel

Feel

感じる

12月12日〜12月18日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週も太陽は射手座エリアを運行し、土星(試練・責任)とは調和的な配置、海王星(夢やとろけさせる力)とは刺激し合う配置となります。

太陽をはさんで、ネジを締める土星VSネジを溶かす海王星、という図です。

真面目に話しているのにもかかわらず、ボタンの掛け違いが起きそう。そもそも言葉の定義が違っていたり、価値観(何が世の中に良いことなのか)が異なりすぎたりして、意思疎通が難しいかもしれません。互いの足元(前提条件)を確認することが大事。

月は、13日に獅子座エリアを運行し、太陽と調和的な配置に。意欲的な気持ちになれそう。

15日には乙女座エリアを運行し、月と水星と天王星とのコンタクトで地のエレメントチームによる「聖なる三角形」のハーモニーが生じ、抜群の安定感が生まれます。実務的なことをテキパキとやるのに良い日になります。

翌16日には乙女座エリアをさらに進み、太陽と海王星と繋がって「Tスクエア」を描き、三者による殴り合いが起こります。調和と安定がテーマだった前日から一転し、乱調と変化に富んだ一日になりそうです。

週後半には水星(知性・言語感覚・コミュニケーション)と天王星(閃き・刷新・改革)が仲良く繋がることで、良いアイデア、使える設計、実用に耐えうる企画などが生まれそう。

占星術の「天体逆行」は、ものごとがあべこべになったり、ポケットがひっくり返ったり、来た道を戻ったりするようなイメージ。落としたものを回収することや、強いものが弱くなり、弱いものが強くなること。

今週も闘いを司る火星が双子座エリアを逆行しています。それに対して他の天体の干渉がなくなって、熾火のようです。メラメラはしていないけれども、芯の部分が静かに真っ赤に燃えている状態。

火星の逆行は、ダビデがゴリアテを倒したような“ジャイアント・キリング”をもたらす、ともいわれています。

その影響がどこまで続くか(本当にあるのか)、そのような観点で政治やスポーツなどに注目しても良いかもしれません(日本がスペインに勝ったときは逆行中の火星と土星が調和的な配置でした)(火星の逆行は23年1月13日まで)。

蠍座の星模様

演じること

今週の星の配置は、どの星座にも「葛藤」をもたらすかもしれません。

蠍座は、射手座の前に太陽が運行していたサインです。

天体がひとつ進んで隣の星座に移動するときとは、誇張すれば、それまでの性質をかなぐり捨てて(踏んづけて)新しい性質へと転換することが求められるタイミングなのです。

蠍座から射手座に進むときは、「強い絆を重んじる集団(蠍座)」から「集団の掟を破り、ここではないどこかへ知恵を求め、単独で旅に飛び出していく若者(射手座)」という流れがあります。

なので、蠍座が射手座にいる太陽のパワーを上手に取り入れたり、乗りこなそうとしたりすると、性質の違いのために戸惑うことがあるのです。

その、乗りこなしにくい馬(太陽)に対して、今週は土星のブレーキと海王星の融解剤が関わっています。

生まれたてほやほやの理念や知識を他者に伝えるために、自分自身の欲望や感情を抑制することが求められる図式。「本当はこんなことやりたくないのだけど、みんな(会社)のために○○しなくては」という場面。

自分らしさとはかけ離れたキャラクターになるとか、役割を演じることで葛藤をするかもしれません。

金星と水星が山羊座にある影響は、「楽しいお喋り」がキーワード。老舗のワークショップや、伝統的なことを学ぶワンデイ講座など、やってみたいことの情報が舞い込んでくるかもしれません。

13日、月は獅子座エリア。天の高い位置を運行し、仕事で燃える日に。

15日は友達のサポートで物事が上手く進む日。

16日は外的要因で出費がかさみそうです。即断即決は避けた方が無難かもしれません。

ネスカフェ ゴールドブレンド オリジン

〈ネスカフェ〉からレギュラーソリュブルコーヒーの常識を変える、特別なシリーズが発売中

飲む / PR