Feel

Feel

感じる

12月12日〜12月18日 獅子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の獅子座(7/23~8/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

今週も太陽は射手座エリアを運行し、土星(試練・責任)とは調和的な配置、海王星(夢やとろけさせる力)とは刺激し合う配置となります。

太陽をはさんで、ネジを締める土星VSネジを溶かす海王星、という図です。

真面目に話しているのにもかかわらず、ボタンの掛け違いが起きそう。そもそも言葉の定義が違っていたり、価値観(何が世の中に良いことなのか)が異なりすぎたりして、意思疎通が難しいかもしれません。互いの足元(前提条件)を確認することが大事。

月は、13日に獅子座エリアを運行し、太陽と調和的な配置に。意欲的な気持ちになれそう。

15日には乙女座エリアを運行し、月と水星と天王星とのコンタクトで地のエレメントチームによる「聖なる三角形」のハーモニーが生じ、抜群の安定感が生まれます。実務的なことをテキパキとやるのに良い日になります。

翌16日には乙女座エリアをさらに進み、太陽と海王星と繋がって「Tスクエア」を描き、三者による殴り合いが起こります。調和と安定がテーマだった前日から一転し、乱調と変化に富んだ一日になりそうです。

週後半には水星(知性・言語感覚・コミュニケーション)と天王星(閃き・刷新・改革)が仲良く繋がることで、良いアイデア、使える設計、実用に耐えうる企画などが生まれそう。

占星術の「天体逆行」は、ものごとがあべこべになったり、ポケットがひっくり返ったり、来た道を戻ったりするようなイメージ。落としたものを回収することや、強いものが弱くなり、弱いものが強くなること。

今週も闘いを司る火星が双子座エリアを逆行しています。それに対して他の天体の干渉がなくなって、熾火のようです。メラメラはしていないけれども、芯の部分が静かに真っ赤に燃えている状態。

火星の逆行は、ダビデがゴリアテを倒したような“ジャイアント・キリング”をもたらす、ともいわれています。

その影響がどこまで続くか(本当にあるのか)、そのような観点で政治やスポーツなどに注目しても良いかもしれません(日本がスペインに勝ったときは逆行中の火星と土星が調和的な配置でした)(火星の逆行は23年1月13日まで)。

獅子座の星模様

優しく押すと優しく戻ってくるもの

今週の星の配置は、どの星座にも「葛藤」をもたらすかもしれません。

太陽が運行する射手座エリアは「火のエレメント」であり、獅子座と同じチームになります。同じエレメント同士はパワーをスムーズに交わすことができる相手となります。

もっと自由に動きたい、もっと自分の個性を打ち出していきたい、と考え、信頼のできる人とも連携をとって味方についてもらっているのに、何かが足りないような、やりたいことと上手く噛み合っていないような違和感があるかもしれません。

それを放置するのでも、気にしすぎて深掘りするのでもなく、柔らかく観察しておくと徐々に馴染んでいくかもしれません。

金星と水星が山羊座エリアにある影響で、「他者尊重を介して自己尊重をする」というテーマが浮上してきます。人にも自分にもケアの必要がありますよ、と伝書鳩が飛んでくるイメージです。

認知症の高齢者のケアの方法で、「ユマニチュード」というものがあります。これは、「人が(自己)尊厳を感じるのは、他者に対して良い行いをするときである」という理念を生かしたものです。

つまり、「他者尊重=自己尊重」という考え方。誰かを丁寧に扱うことで、自分も癒やされるのだそうです。

13日、太陽は射手座エリア、月は獅子座エリアと「火のエレメント」を運行することで、獅子座は調子が良く、気分が爽やかな一日になるかもしれません。

15日は仕事で思わず「エウレカ!」と叫んでしまうような発見や気づきがあるかも。

16日はうっかりミスに注意です。大事なことは指差し確認すると良いでしょう。

ネスカフェ ゴールドブレンド オリジン

〈ネスカフェ〉からレギュラーソリュブルコーヒーの常識を変える、特別なシリーズが発売中

飲む / PR