Feel

Feel

感じる

11月28日〜12月4日 天秤座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の天秤座(9/23~10/23生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「欲しがってくださいあらゆる避雷針抜けて轟くような祝いを」

──『悪友』榊原紘

ここではないどこかを目指し、外の世界に飛び込んで己を知るための学問。ここではないどこかを望みながら修行に励む宗教。ここではないどこかを探求しながら、理性によって物事の根源のあり方を知ろうとする哲学。

これらは全て「射手座的」なものになります。 

今週は射手座エリアに太陽・水星(知性・コミュニケーション)・金星(愛と喜び)の3天体が運行し、魚座エリアに海王星(夢幻・スピリチュアル)、木星(拡大・膨張)、双子座エリアに火星(意欲・闘志・トラブル)が運行しています。

これらの6天体全てがじわりと互いに刺激し合っています。

この配置のうち、射手座は虚実の境目がはっきりしない、大げさな理念に燃え、魚座は魂の世界や地球や宇宙全体の平和を祈るパワーで満ちています。

金星はなんでもキラキラとスイートにし、海王星はとろけて空想を広げる作用を持ち、木星はそれをさらに増幅させていきます。これらが合わさり相乗効果で「夢や理想」がどんどん非現実的になります。

このメルティなイメージに対して厳しい突っ込みをするのが、火星です。

火星は土星(責任・節制)を味方につけ、論理的、現実的、実現可能な手法を模索し、その先にある「理想と目標」を求めていきます。

どうやったら、理想郷を本当の世界につくり出していくことができるのだろうか、と試行錯誤をするタイミングになります。苦しみや行き詰まりがあったとしても、そこにある喜びや希望を見落とさない鋭い知性。

みんなで一緒に「理想の世界」をイメージし、その方法を現実のものとして考えること。

また、土星には天王星(改革・刷新)が激しくぶつかる配置が、2021年1月から断続しています。この2天体のぶつかり合いは今週末にようやく緩まっていきますが、「世の中の変革すべき悪い部分」が浮き彫りにされるような出来事が起こりやすい時期です。

暗い雲が垂れ込める不穏な嵐の最中でも、光を見つけ、求めるたくましさを持ちましょう。

天秤座の星模様

夜明けの光を目指して

木星は「奉仕的労働」と「自己ケア」「他者適応」を意味する場所を運行し、雑用を片づけるにはちょうど良いタイミングになります。誰かと会うために自分を整え、準備するようなケアも良いでしょう(今週含む〜12月20日)。

双子座エリアには今週を含む来年の3月まで火星が運行しています。この火星は天秤座にとっては調和的な位置にあるので、何かを深く学ぶ意欲が燃え、資格取得なども目指したくなるかもしれません。

ただ少し、火の勢いが強い火星のため、早く習得しなくてはと焦りや苛立ちに炙られることもありそうです。

この火星に土星が味方をしています。土星は底力を与え、プレッシャーにも打ち勝つ胆力を与えてくれます。スムーズに進まない要因があったとしても、それを乗り越えようとすることで夜明けのように遠くに光が見えてくるでしょう(風のグランドトライン)。

しかしこの火星に対し、海王星が激しくぶつかる位置にいることで、「細かい用事」や「人からの依頼」が発生しやすく、いざ集中して勉強をしようとしても、中断を余儀なくされることがありそう。

たとえば後輩が質問してくるなど、頼られると世話を焼いてあげたくなる相手に邪魔をされるイメージです。可能であれば、集中できる場所に移動してしまうと良いでしょう。

先週に引き続き、太陽・水星・金星は「コミュニケーション」や「兄弟姉妹」「幼馴染みや身近な友人」などを意味する場所を運行し、他者との交流が活発になりそうです。

または、身近な場所で、初心者向けの講座やワークショップに参加するのも良いでしょう。

VUILD代表 秋吉浩気

建築家/起業家・秋吉浩気が、それでもニュースを購読する理由

読む / PR