Feel

11月7日〜11月13日 蠍座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の蠍座(10/24~11/22生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「神のいますのは、農夫が固い土を耕している場所、道路工夫が石を砕いている場所だ。晴れた日も雨の日も、神は彼らの傍にいて、着物は塵にまみれている。おまえもその法衣を脱ぎ、神に倣って塵芥の所に降りて来い。」
──ラビンドラナート・タゴール『タゴール詩集 ギーターンジャリ』より

11月8日に牡牛座エリアで月食を伴う満月があります。月食は、日食と同じく、占星術の概念では「凶兆」に分類されます。

古代より数えきれないほどの凶兆という予言を乗り越えて今現在があります。過度に怖がる必要はありませんが、極端な出来事が起こり得るので少し注意を。

月食はとくに観測エリアに影響があるとされており、今回は日本も観測可能エリアです。今週は世の中の流れの切り替えポイントになる可能性があります。

月は逆行中の天王星(改革・刷新)とともに牡牛座エリアで重なり、太陽は金星(愛・喜び)水星(知性・コミュニケーション)を伴って蠍座エリアを運行しています。

そして、向かい合っている太陽と月の両者に対して厳しい配置にいるのが土星(制約・責任)です。

この月食を伴う満月のタイミングでは、土星が「日本」という国にとっては重要な位置を運行しています。そのため、他のタイミングの日食や月食よりも、日本に住む人たちに星々のざわめきがプレッシャーとなって届きやすいかもしれません。

牡牛座は、物質的なものを象意とし(I have)、蠍座は精神的な依存や執着を象意に持っています(I desire)。

今週は、そのような要素の見直しがなされそうです。社会全体の財産(税)と個人財産の境目を引き直そうとする働きとなるかも。

何に価値があって、何を頼りに生きていこうとするのか、自分が何をどう所有しているのか、再確認する必要が出てきそうです。

火星(意欲・闘い)と海王星(夢や幻)・木星(成長・拡大)もぶつかり合います。火星がもたらす使命感が偽善を焼き払おうとし、激しい議論が巻き起こります。

この議論はむやみで独善的な視点のものかもしれません。そこに海王星が混沌を招き、デマやプロパガンダ、SNSの炎上などが激しくなりそうです。

全体的に緊張感がある配置になっていますが、唯一、海王星と金星が調和的に繋がっていることで、「優しい夢を見ましょう」と鎮痛剤を投薬しているような柔らかさがあります。しかし、現実から離れて夢を見続けるにはハードな週になりそうです。

蠍座の星模様

強欲さを飼い慣らす

太陽・金星・水星が蠍座エリアを運行していることで、全体運も魅力もUPの時期です。しかし、蠍座と「対」をなす牡牛座で月食を伴う満月が起きることから、大きな影響がありそうです。

恋愛や結婚だけではない「パートナーシップ」において激震があってもおかしくないかもしれません。契約を反故にされるような恐れも。

蠍座は愛されて必要とされたい傾向があります。しかし、今週は相手から過剰な要求をされる、もしくは相手に過剰な要求をしてしまうことから諍いに発展してしまう気配があります(深刻な話はなるべくこのタイミングでは避けた方が良いでしょう)。

相手からされた場合は冷静に対処し(爆弾処理班のように)、自分がしたくなった場合はその気持ちが3日以上続いてから相手に伝えてみましょう。

愛があったとしても、相手の希望を何もかも叶えられるかどうかは別の話である、ということを学ぶきっかけになるかもしれません。

先週に引き続き、逆行中の火星と、海王星+木星の影響で「自分のやりたいことに横やりが入りやすい」雰囲気です。家族や親族のために一肌脱ぐようなことになるかも。

もしくは一目惚れをして相手と急接近したり。元恋人と再会し、思わぬ展開になるようなこともあるかもしれません。

VUILD代表 秋吉浩気

建築家/起業家・秋吉浩気が、それでもニュースを購読する理由

読む / PR