Feel

Feel

感じる

10月24日〜10月30日 射手座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の射手座(11/23~12/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「やまあらしの一群が、冷たい冬のある日、おたがいの体温で凍えることをふせぐために、ぴったりくっつきあった。だが、まもなくおたがいに棘の痛いのが感じられて、また分かれた。温まる必要から、また寄りそうと、第二の禍がくりかえされるのだった。」
──ショーペンハウアー『ショーペンハウアー全集 14 哲学小品集(Ⅴ)』

今週は25日に蠍座エリアで新月があり、同時に日食が起こります。(日本では影響は少な目です。)

今回の新月には「心通わす連帯」や「壊れたものを修復しようと力を合わせる」というテーマが含まれています。

さらに、太陽と月に愛と喜びを司る金星も重なり、多くの人とともに目標に向かって走る楽しさを感じられそう。心を一つにすることで清々しい喜びが生まれます。

しかし、「日食(凶の印)」によって絆を揺るがすような出来事が間接的に起きるかもしれません。

また、新月のタイミングで、戦いや闘志を司る火星が“制御を超えた”状態で、存在感を増しています。この火星の影響で、世の中全体で徹底的に無駄を省く傾向が広がりそうです。

「過剰なやる気」や「視野狭窄」も出てきて、張り詰めた空気が漂ってきます。

「仲間になりたい、連帯したい」という願いと、「誰と繋がっていけばいいのか判断を厳しくしないといけない」という尖った感覚が同時に生まれ、ギクシャクして、上手く手を繋げないイメージです。

(港に何艘も船があり、どの船に乗せてもらえるのか、乗りたいのか、閉塞した社会からどっちに逃げたらいいのか焦るような気持ち)

個人主義的な価値観を現代人は強く持つがために、容易に人と連帯しにくくなっているかもしれません。

しかし、社会を動かすためのダイナミックなパワーを得るには、理念の軸が共通してさえいれば多少の違いには目をつぶって協働することが求められてくるでしょう。

新月は物事をスタートさせるタイミングとして吉とされています。そして、願い事がすでに叶った形で天に宣誓する「アファメーション」が効果があると言われています。

各星座ごとにテーマが変わりますが、「誰かとの連携強化」というのは共通します。宣誓を5〜10個、便せんや手帳などに書いて意識することで、半年後の蠍座満月のときにその宣誓が現実になっているというおまじないです。

新月は種蒔き、半年後の同サインでの満月が収穫となります。

30日には火星が逆行し始め、海王星(夢や融解力)と激しくぶつかり合う配置になります。さらに逆行中の木星(成長・拡大)も魚座エリアに入ります。

そのことにより、嘘やデマが多くなり、何を信じたらいいのかわからなくなるかもしれません。流言飛語に揺らされることなく、真偽の見極めをより慎重にしたい時期が始まります。(特に来年1月中旬まで)いい話には充分注意を払っていきましょう。

射手座の星模様

目に見えないからこそ

この新月は「目に見えぬものとの絆を感じること」を課題として半年間のチャレンジ(種蒔き)を始めるのが良さそうです。

無意識の世界や深い精神世界へのダイブ。自分の魂の所属先をイメージして見えないものを味方にするような瞑想。そこでは「個」という輪郭は溶けて、「全体」という大きなものに吸収されていきます。

日食の影響がもしあるならば、自分自身がなぜ、命を持って地上で生きているのかが分からなくなるような不思議な感覚に襲われるかもしれません。

しかし、その問いかけがあったことにより、日常の小さな喜びを感じられるようになるでしょう(日食は小さな死であり、日食からの回復は再生でもあります)。

今、双子座エリアに来年3月までコントロールの難しい火星が運行しています。その影響により、射手座には、パートナーや近い関係性の人との問題が浮上しやすく、喧嘩になったりするかもしれません。

また、火星と海王星がぶつかり合う影響は射手座には大きく出るかもしれません。誤解が重なりやすいときなので、注意しましょう。

自分が思っていた意味ではない形で言葉を受け取られてしまうかもしれません。丁寧な言葉と態度を意識して、誤解が大きくならないようにしましょう。

ネスカフェ ゴールドブレンド オリジン

〈ネスカフェ〉からレギュラーソリュブルコーヒーの常識を変える、特別なシリーズが発売中

飲む / PR