Feel

Feel

感じる

10月10日〜10月16日 牡牛座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の牡牛座(4/20~5/20生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「希望は複雑な色をしている/裏切られた心臓の赤/日々の灰色/くちばしの黄色/ブルースの青にまじる/褐色の皮膚/黒魔術の切なさに/錬金術の夢の金色/国々の旗のすべての色に/原始林の緑 そしてもちろん/虹のてれくさい七色/絶望は単純な色をしている/清潔な白だ」
──「色」谷川俊太郎(*スラッシュは改行を表しています)

今週の10日は牡羊座エリアでの満月。満月は新月で蒔いた種の実りを収穫するとき。今年の4月の牡羊座新月からフォーカスしてきたことが「満ちる」ようなタイミングです。

この半年の間に、自分という命と世界全体のバランスについて考察を深めるきっかけとなった体験もあったかもしれません。それは、「自然の中での人間の在り方の模索」とでも言うべきものでした。

人がつくった社会制度や文化を遠い過去から再編成するきっかけ。当たり前と思っていることほど見直す必要があると思い出されるときでした。

今回の満月のテーマは、新月テーマを受け止めつつ「複雑さを内包し深く考えること」となります。

私たちがバラバラに生きていることを確認し、一つのものになれないのだと、納得をするタイミングになりそうです。世界を「一色」にしないこと。多様で多彩な色がそこにあると認めること。

男と女、善と悪など、私たちのなかにあるあらゆる対立概念を、分断ではなく相補的に存在するものとして捉える。そして、多様さのみならず無秩序までもを包括し道を歩んでいく。そのために長考していく場面です。

正解は無数にあり、「唯一の正解」を得ることはできないと知ることが大切です。そのなかでそれぞれがそれぞれの「正解」や「本質」を求めて考えることが今週のテーマ。

「未完成」なままでの継続。完成しないことを恐れずに、過去の反省を踏まえてより良い道を考え抜く満月です。

牡牛座の星模様

内的葛藤も愛して

牡羊座エリアの満月によって、この半年間探していた「自分にとって必要なもの」を見つけられそうです。簡単に見切りをつけることが「正解」ではなく、都度悩みながら、緩く決めていく姿勢。

問題を「シンプル」に片付けたい気持ちを手放すことで、自分の内側に大きな荷物預かり倉庫をつくるような感覚。

全部丸ごと受け止めること。自分のできることとできないことの見極めをしていきましょう。白黒はっきりさせることをあえてしない部分を持つこと。

この満月は深層心理に働きかけてきます。もし誰にも見せたくないような葛藤や悩みごとがあるならば、「これは、見なくてはならないものから目を逸らしているために起きているのだ」、と気がつきそうです。悩みに対する意味づけが変わるきっかけにもできそうです(満月という懐中電灯が、暗い倉庫の中を照らしているイメージです)。

11日に水星(知恵・コミュニケーション)が「奉仕的労働」と「自己ケア」「他者適応」を意味する場所を運行することから、仕事の連絡や依頼が増えるかもしれません。丁寧に相手のことを考えながら対応すること。手際の良さで評価が上がりそうです。

今週は内的な葛藤も自分を構成する大切な要素だと開き直っていきましょう。悩み=悪、と思い込まないことです。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈金七商店〉

製造の秘訣はクラシック音楽?国内外から注目を集める〈金七商店〉のカツオ節

訪れる / PR