Feel

10月3日〜10月9日 魚座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の魚座(2/19~3/20生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「山も川も、草も木も、水や土も、そして人間も、森羅万象は、それぞれが気を発しながら、全体性をつくり上げる運動に関わっている。全体性は、山川草木や水土や人間が制御できるようなものではない。人間はむしろ、その全体性に応じて動くちっぽけな存在でしかない。」

──『一億年の森の思考』奥野克巳

占星術は、天体やサイン(星座)と地上の万物とが互いに照応しているという考えで成り立っています。

9日に順行に戻る「冥王星」は、ギリシア神話では冥府の王であるプルートに当てはまり、「死と再生」を司ります。

元素の「プルトニウム」にもつながり、星空を解読する上では、地上(人間)から一番遠いところにある人知を超えた力として扱われます。人間がコントロールすることが難しい、運命や時代の流れに関わるものと意味づけられています。

冥王星は、山羊座エリアから水瓶座エリアに向かっていきます。この動きに合わせ、今週から来年にかけて、さらに時代が急速に変化をしていくかもしれません。

人間がコントロールできるものを過信することなく、運命の流れにも眼差しを向けていくことが大切になります。

今週は、水星(知恵・情報)と、海王星(夢や集合的無意識)、冥王星が調和の図を描いています。

運命的な出来事が起こる前の霊感的な閃きや、予兆、夢からのメッセージがありそう。世界を揺るがすような情報が駆け巡りそうです。

また、「コミュニティ」や「社会」という小さな単位ではなく、より大きな「人間の世界全体」を意識せざるを得ない場面が繰り広げられるかもしれません。

また、火星(闘争・燃えたつ力)と土星(責任・節制)が協力関係を結び、週後半になるほどに太陽とも調和的、協力的な配置になっていきます。

太陽には、天秤座の支配星(守護星)である金星(愛と喜び)が近づいていき、希望の光が灯されていくような雰囲気があります。

具体的に世界を変えるための思考の実験が行われるようなイメージです。自分も、自分を取り囲む社会も、手探りでありつつも「変わること」に対してポジティブになれそうです。

魚座の星模様

そんな装備で大丈夫か

今週、冥王星と海王星のエッセンスを含んだ水星のキーワードは、「傾聴」です。

水星が運行する場所は魚座の対向であり、「パートナーシップ」や「公式な契約」という意味があり、社交や結婚に関する場所でもあります。

魚座の支配星(守護星)である海王星は魚座エリアを運行しているので、「自分自身」の場所にあります。

海王星は見えない力で魚座を守っています。そのため、良くも悪くも夢を見ながら日常を過ごす空気が広がっています。そこに水星が向かい合うことで、少し目が覚める感覚が訪れます。

「誰かの話を傾聴し、新しい旅の計画(独立や自立)が立つ」ような場面。それは自分の夢を叶えることに繋がっているかもしれません。

「夢」をもっと現実的で達成可能な「目標」にするのに、冥王星が、一役買ってくれそうです。驚くような出来事を通じて、足りていないものは何であるのかを知るかも。

太陽と金星は「継承・従属」「依存」を意味する場所を、火星は「家庭」「地元」、土星は「無意識・秘密」を意味する場所を運行中です。

この4天体によって、独立しなければというプレッシャーと依存していたい気持ちの間で葛藤を味わうことになるかもしれません。

独立や自立という「旅」を始める前には、自分の内側にある不安や課題を片づけることが求められそう。立ち止まってしまうと、今のままで意外と悪くないかも…と迷いが出てきそうです。

急いで飛び出すことに抵抗があれば、心の迷いがなくなるタイミング(’23年3月~)を待ってもいいかもしれません。

あの味を生む人に会いに行く。錦江湾を起点に巡る、鹿児島の旅〈金七商店〉

製造の秘訣はクラシック音楽?国内外から注目を集める〈金七商店〉のカツオ節

訪れる / PR