Feel

9月12日〜9月18日 双子座の運勢【ブルータス週間占い】

毎週月曜8時更新、占星術師・七嶋ナオさんによる12星座別「ブルータス週間占い」。仕事や人間関係に活かせるアドバイスをロジカルにお届け。今週の双子座(5/21~6/21生まれ)の星模様は?

Text: Nao Nanashima / Edit: Motoko KUROKI / Illustration: Aurélie Garnier

今週の空模様

「ひとりの人間の真摯な仕事は おもいもかけない遠いところで 小さな小さな渦巻をつくる」
──「小さな渦巻」茨木のりこ

今週、太陽は乙女座エリアを、天王星は牡牛座エリアを運行し、調和角度(120度)で繋がっています。基本10天体中6天体が逆行し、「過去を見直しながら進む」にはちょうど良いタイミングになります(水星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星が逆行中)。

古代バビロニアでは、牛は聖なるものでした。また、畑を耕す際には牛に犂(すき)を牽かせていたため、農耕に欠かせない存在でした。

乙女座のモチーフは収穫の女神であり、畝の女神でもあります。

牡牛座も乙女座もどちらも大地を司る「地エレメント」であり、人々が生きるため、また、豊かになるための糧を生む要素として重要な役割を持っています。

天王星は「改革・刷新」を司っており、公転周期は84年です。前回の牡牛座エリアの運行期間は1935年から1942年でした。この時期を振り返ってみると、おさまらぬ世界恐慌、中国などで発生した大飢饉、そして第二次世界大戦と、波乱続きでした。

天王星が牡牛座(食料・経済)を揺るがした、という読み方をするならば、今もまさにそのような「食料危機に備えるとき」「経済の大きな変化のタイミング」に私たちはいるのかもしれません。

すでに小麦などの価格高騰が始まっていますがこれがさらに進み、輸入に頼っている食料品が入手しにくくなることもあるかもしれません。

世の中を巡るお金の流れについて問い直し、良い循環を求めること。新しいお金(食糧)が動く仕組みができるようなイメージ。生産と消費のバランス。新しい経済のシステム。

何をして、どう収入を得るのか。働き方や雇用条件の是正が起こりそうです(例えば、長時間労働や短期契約、雇い止めの是正、勤務場所の自由や週休3日制、安定した雇用の希求といったテーマ)。

安定感のある社会を築くことへ人々の関心が向かう時代です。今週は、そんな時代の中で、せめぎ合いながらも自分たちの生活の新しい仕組みをつくり出し、進むことになりそうです。

双子座の星模様

植物に水をやるような気持ちで


太陽と天王星が調和的に繋がっていることにより、「秘密の作戦会議」ができそう。

双子座の脳内には「もう一人の自分」がいます。本当に真剣に考えなくてはならないときには、外の誰かに相談するよりも、内なる参謀である「もう一人の自分」と深くディスカッションをしていくのです。

その「秘密の作戦会議」で、良いアイデアや作戦が思いつきそうです。

また、天王星には土星(責任・節度)が激しくぶつかっています。この土星は「老賢者」や「年長のアドバイザー」という雰囲気があり、今週の双子座の味方です。

あれもこれもやってみたいと計画が散漫になったときに、ピシッと指導をしてくれそうです。何かをやりたいと意欲するときには、その道の先輩の姿を思い出して、その人から習うつもりでいましょう。

牡羊座エリアの木星(成長・拡大)と天秤座エリアの水星(コミュニケーション・知性)が向かい合い、さらに水星と火星(意欲・闘争心)が調和的に繋がっていることから、過去の知り合いから仕事や遊びのオファーが届きそう。

仕事でも遊びでも“良縁”が欲しいときは、今までに知り合った人にコンタクトを自分から取るのも良いでしょう。

火星と金星(愛と喜び)が火花を散らし合う配置に。その影響により、自分や家族に対して雑さが目立ちそうです。

一人暮らしの人は部屋が散らかったり、寝不足が続いたり、ジャンクなものを食べすぎたりして、それが原因でイライラが起きるかも。

家族と一緒に住んでいる人は、家の中での細々した雑務に嫌気がさして会話をなおざりにしたり、家に帰るのが面倒になったりしてしまうかもしれません。

今週はそうならないように、意識して家での過ごし方を丁寧にし、感謝の気持ちを忘れないことが大切です。

ブルータス BRUTUS 〈アウトドアプロダクツ〉Master piece

かっこいい大人たちの必需品。〈アウトドアプロダクツ〉のバッグ

着る / PR